奈良教育大学 tag:www.leblogdelasemio.com,2013-01-08://2 2016-11-15T06:40:08Z 奈良教育大学のWEBcトです?/subtitle> PowerCMS Platform 6.3.8003 広報誌「ならやま?021U号を発行しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/news/2021/11/2021_1.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2021:/news//5.6441</id> <published>2021-11-02T08:41:28Z</published> <updated>2021-11-02T08:42:12Z</updated> <summary></summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/news/"> </content> </entry> <entry> <title>広報誌「ならやま?021夏号を発行しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/news/2021/07/2021.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2021:/news//5.6293</id> <published>2021-07-02T06:50:47Z</published> <updated>2021-07-02T08:33:50Z</updated> <summary></summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/news/"> </content> </entry> <entry> <title>国立大学法h奈良国立大学構の概要リヹ{レットについ?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/news/2021/06/post_190.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2021:/news//5.6284</id> <published>2021-06-30T02:19:30Z</published> <updated>2021-06-30T04:54:56Z</updated> <summary></summary> <author> <name>地域連携担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/news/"> </content> </entry> <entry> <title>「国立大学法?奈良国立大学構」設立に係るa者発表を行いました(5?7日) tag:www.leblogdelasemio.com,2021:/news//5.6224 2021-05-24T07:46:47Z 2021-05-24T07:58:15Z  奈良教育大学と奈良女子大学は、「国立大学法?奈良国立大学構」設立に係るa?.. 広報担当  奈良教育大学と奈良女子大学は、「国立大学法?奈良国立大学構」設立に係るa者発表を5?7日に奈良奛_大学で行いました?/p>

 厅R5?4日に開催された国会において、国立大学法人奈良教育大学と国立大学法h奈良奛_大学を法人箔合して、「国立大学法?奈良国立大学構」をa立することを含む、国立大学法人法の一部をҎする法律が成立したことを受けて、両大学が法人箔合をする意義や、今後構惟끗ている取iについて、報道機関に向けて発信したものです?/p>

 a者発表では、法人箔合を契機とし、奈良県下の教育研究関との協働による学問の府「奈良カレッジズ」を両大学が核となって構し、学修者中心の「主体的な学た뀍への転換と、地域イノベヹ{ョン創出の実現を目指すことを弯しました?/p>

 また、奈良教育大学の加藤学長は「歴史文化のある奈良は学問の府にcわしい地?大学がその核となり、学生が生き生きと学くV場所にしたい。」、奈良女子大学の今岡学長は「双斏V資源や、近隣の教育ȝI機関の力をzRして来を担う学生を肌Ӂたい。」と、o?q?月の新法立に向けて意気込ѝCしました?/p>

IMG_7480.JPG

握手を交わす奈教大の加藤学長㊧と奈女大の今岡学長?/p>

お問い合わせ?/dt>
奈良教育大学 企画連携?大学攚w担当
TelQ?742-27-9296
FaxQ?742-27-9141
E-mailQkikakugr
]]>
~国立大学法人奈良国立大学機構設立について(国立大学法h法の一部をҎする法律の成立を受けて)?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/news/2021/05/post_184.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2021:/news//5.6203</id> <published>2021-05-14T01:12:37Z</published> <updated>2021-05-14T01:30:03Z</updated> <summary></summary> <author> <name>地域連携担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/news/"> </content> </entry> <entry> <title>広報誌「ならやま?021春号を発行しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/news/2021/03/post_170.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2021:/news//5.6094</id> <published>2021-03-22T05:14:26Z</published> <updated>2021-03-22T05:58:31Z</updated> <summary></summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/news/"> </content> </entry> <entry> <title>令和Q年度学生表彰式を開催しまし?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/news/2021/03/post_166.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2021:/news//5.6062</id> <published>2021-03-08T01:48:55Z</published> <updated>2021-03-08T01:49:30Z</updated> <summary></summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/news/"> </content> </entry> <entry> <title>奈良奛_大学との法hi合について国立大学協会広報誌『国立大学?7受掲載されました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/news/2020/07/57.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2020:/news//5.5081</id> <published>2020-07-08T07:55:32Z</published> <updated>2020-07-08T07:55:59Z</updated> <summary></summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/news/"> </content> </entry> <entry> <title>国立大学法h奈良奛_大学と国立大学法人奈良設立に関する合意書調印式を行いました(6?8日) tag:www.leblogdelasemio.com,2019:/news//5.4123 2019-07-19T04:12:38Z 2020-01-16T07:46:22Z 地域連携担当 奈良県内文部U学省4関Q奈良教育大学、奈良女子大学、奈良国立博物館及び奈良文化財研I所Qにおける連携d力に関する協定書調印式を行いました(5?0日) tag:www.leblogdelasemio.com,2019:/news//5.4069 2019-06-12T08:41:30Z 2020-01-16T07:46:46Z 地域連携担当 【グッドプラクティスに2q連続選定Q?文部U学省「国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の攚wに関する取組状況について~グッドプラクティスの共有とZに向けた事例集~Vol.2」に本学の取iが選定されました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/news/2019/05/_vol2.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2019:/news//5.4053</id> <published>2019-05-30T09:42:40Z</published> <updated>2020-01-16T07:46:58Z</updated> <summary></summary> <author> <name>地域連携担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/news/"> </content> </entry> <entry> <title>読みiえた本で募金ができる!『古本募金』を始めました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/news/2018/10/post_68.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2018:/news//5.3859</id> <published>2018-10-04T05:31:05Z</published> <updated>2020-01-16T11:10:03Z</updated> <summary></summary> <author> <name>情報?/name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/news/"> </content> </entry> <entry> <title>イメヹ{キャラクѝ「なっきょん?QテQIわVミ냗好評販売中です! tag:www.leblogdelasemio.com,2017:/news//5.3268 2017-05-26T04:00:00Z 2020-01-17T04:48:21Z 奈良教育大学のイメージキャラクタヹ{ある「なっきょん」のQテQIわVミ냗が登場し... 広報担当 奈良教育大学のイメージキャラクタヹ{ある「なっきょん」のQテQIわVミ냗が登場しました!


QテQIわVア・わVミ냗゗ップにて好評販売中!

http://line.me/S/sticker/1405660Q外部サイトへのリンクです)

イメヹ{キャラクѝ「なっきょん?/h2>

【プロフィール?/h3>

なっきょんは、奈良の゗ボルであるシカをモチヹ{に、^?0q?0?日に誕生しました。大人でも子どもでもなく、また男の子でも奟끮子でもない、ちょっと不思議で愛らしいキャラクタヹ{?/p>

教育大学の「育つ・肌Ӂる」というイメヹ{を角の新芽(cぎͼに表現しています?br />好物は鹿せんくVだと?..?/p>

愛称?なっきょ?は、大学の略称として親しまれている「奈教(なきょうQ」に由来しています?/p>

"奈良教育大学奈良教育大学 イメヹ{キャラクѝ"なっきょ?

お問い合わせ?/dt>
奈良教育大学 R務?/dt>
TelQ?742-27-9104
FaxQ?742-27-9141
E-mailQkikaku-kouhou
]]> イメヹ{キャラクѝ「なっきょん?QテQIわVミ냗好評販売中です! tag:www.leblogdelasemio.com,2017:/news//5.3185 2017-03-23T08:17:34Z 2020-01-17T04:57:31Z http://www.leblogdelasemio.com/news/2017/05/... 広報担当 http://www.leblogdelasemio.com/news/2017/05/nakkyon_line_2017.html ネパヹ{地震災害支援の募金活動を実施しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2015/06/post_109.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2015:/nakki/blog//24.2518</id> <published>2015-06-03T02:22:14Z</published> <updated>2020-01-17T06:25:23Z</updated> <summary> ボラミ냆ィアcヹ{オフィスは、学生が自主的に行う様々なボラミ냆ィアzdを支?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p> ボラミ냆ィアcヹ{オフィスは、学生が自主的に行う様々なボラミ냆ィアzdを支援しており、このたた뀁その活動の一環として、5月1Q日Q土Q、2Q日Q土QのQ回にわたり「ネパール地震災x援の募金zd」を実施しました?br /> このzdは、ボランティアサポートオフィわV所属する学生が、ネパールで発生した大地震を受け、自分たちが何かネパヹ{のhたちの助けとなることができないかを考え、募金の企画から事前の手Eき、当日の実施に至るまですくV学生dで取り組んだものです?br /> 募金zdは近鉄奈良駅前で行われ、のべ1Q名の学生が参加しました。募金額は合a2Q万Q9Q1円にのぼり、この募金は、NQͼ法hを通じてネパールの珑֜ごR付され、被災者支援にzȝされます?br /> 後日、ボランティアサポートオフィわV学生からQPQ法人へ募金を贈呈する贈呈式の開催が予定されています?/p> <p><img class="mt-image-center" style="text-align: center; display: block; margin: 0 auto 20px;" src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/20150716_Nepal_shien.jpg" alt="" width="250" height="188" /></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>東南アジア競技大会 柔道52kg級で優勝、三連覇Q?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2014/01/_52kg.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2014:/nakki/blog//24.1919</id> <published>2014-01-21T02:16:56Z</published> <updated>2020-01-17T08:08:29Z</updated> <summary> ラオわVらの留学?cラット・ポンナリ?Phonenaly Sayarat...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> <span class="userContent">ラオわVらの留学?cラット・ポンナリ?Phonenaly Sayarath)さんQ大学院修士課程1回生d澤祥a研I室Qが?2月にミャミ냞ヹ{ネピドーで開催された東南アジア最大のわVヹ{の祭典?a >東南アジア競技大会</a>において、柔道女?2kg級で優勝し、大会三連覇を達成しました?br />  cラットさんは、岡澤研I室でラオスのスポーツと学校体育の現状について研Iしており、また、今回はラオわVヹ{のキャプテンも務めました?span class="text_exposed_show">学業と練、そしてキャプテx務と、複数のことを見事こなしての優勝となりました?br /> <br /> cラットさんのゟ냡ミ냈Q?br /> 三連覇できて本当にうれしいです?br /> 研究が忙しくあまり練ができないときもありましたが、基CトレーニングはƠかさずEけました。その努力が試合での自信につながりました?br /> 後较達には、私の姿を目標にして今後どんどん頑張ってもらいたいです?/span></span></span></p> <p><span style="font-size: medium;"><span class="userContent"><span class="text_exposed_show"> </span></span></span></p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/%E3%82%B5%E3%83%A4%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%95%E3%82%93%E6%8F%90%E4%BE%9B%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg" alt="表嘪台で金メダルを手にするcラットさ? width="360" height="270" /> 表嘪台で金メダルを手にするcラットさ?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/%E5%B2%A1%E6%BE%A4%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%A8%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%AE%A4%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg" alt="岡澤訓教授? width="360" height="278" /> 岡澤訓教授?/p>]]> </content> </entry> <entry> <title>Tablet PCを活用した教員養成カリキュラム開発に関して富士通(株)と協定締i?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/08/tablet_pc.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1694</id> <published>2013-08-13T04:05:03Z</published> <updated>2020-01-17T08:23:19Z</updated> <summary> 本学と富士通株式会Cは??4日に、相互に連携協力してTablet PC{を...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 本学と富士通株式会Cは??4日に、相互に連携協力してTablet PC{をzȝした教員成カリキュラム開発プロジェクトに関する共同研究を行うことにより、教育及び研I成果のC会への還元を推逌Ӂるとともに、その活動によって大学における教員養成の充実と高度化及び地域C会への貢献、普及に資することを目的に協定をR結しました。本学で同日行われた協定調印式には、長友恒人学镗中尾保弘 富士通株式会CヘルスケアL教シわVム事業本部次世代教育ソリュー゗ン箔括部镗出席し、協定書にv名を行いました?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;"> 長友学長は、「子ども達の学力やh間力を高める新しい手法を立したい。また、我々でモデルをつくりながら、地域の教育振興に役立てたい」と意気边{を語りました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 今後、本学附属小学校及び中学校において富士通(株)が提供するTablet PCやソフトウェア等を活用し、活用事例や改善炏V収集を行うほか、高度なICTわVルを持った教員の成や教員研修による教員のICTzȝ指導力の向上に寄与することが期待されます?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;">Q> <a >ơ世代教員養成セミ낿ヹ{ェブペー?/a></span></p> <p> <img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25fujitsu_kyotei1.jpg" alt="協定書に|名後、握手する長友奈教大学長と中֯士通(株)ơ世代教肌ӂリュヹ{ョンi括部長" width="318" height="239" /> </p> <p>協定書に|名後、握手する長友学P叻Iと中N?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25fujitsu_kyotei2.jpg" alt="挨拶する長友学長" width="320" height="210" /> 挨拶する長友学長</p>]]> </content> </entry> <entry> <title>奈良県に対する政{提案コミ냚で最優秀賞・優秀賞受賞! tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1683 2013-08-02T02:01:10Z 2020-01-17T08:25:47Z  qx25q度「県内大学生が創る奈良の未来事業」の公開ゟ냳ペが??3日に県議... 広報担当  qx25q度「県内大学生が創る奈良の未来事業」の公開ゟ냳ペが??3日に県議会本会議場で実施され、奈良教育大学のグルヹ{が提案した「科学の旅ー゗ズンフリヹ{ワンわVップcエンわVヹ{ズムヹ{が最優秀賞に選ばれました?/span>

 これは、県ѝ様々な課題の解決に向けて、県内の学生から政策提案を募集し、コミ냚により選ばれた提案を、学生と共に実際に事業化しようと、奈良県が昨qから実施しているものです?/span>

 今年度は?3グルヹ{から提案があり、書による事前審査を通過した7グルヹ{が、荒井正各事ら審査員を前にプレス{テー゗ミ낒行いました?/span>

 最優秀賞に選ばれた、荻 奈|希さん(家庭U教育専?回生Qらのグループが提案した「科学の旅ー゗ズンフリヹ{ワンわVップcエンわVヹ{ズムヹ{では、修学旅行生と奈良ファンの増加を目標に、大学の高度な専門性や学生というh財を最大限に利用した、奈良を学ぶ「科学の旅」を提案しました?/span>

 また、赤?誠五さんQ保健体育専?回生Qらのグループが、子どもの体力向上を目標に提案した「大学生がつくるq児のためのわVヹ{イベミ냈」が優秀賞に選ばれました?/span>

 これらの提案は、今後、県や学生らによって事業化に向けた検aが行われます?/span>

【関連記事】 

 z躍する奈教生のページ(速報a事Q各提案の概要を紹介しています。)

審査員からの質問に答える荅Rんらのグルー? width=  審査員の質問に答える荅Rんらのグルー?/p>

荒井知事から表嘪状を受け取る荅R? width= 荒井知事から表嘪状を受け取る荅R?/p>

審査員からの質問に答える赤木さんらのグルヹ{ 審査員の質問に答える赤木さんらのグルヹ{

]]>
「次世代教員成ゅRѝ」開所式を挙行しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/07/post_74.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1659</id> <published>2013-07-23T04:58:50Z</published> <updated>2020-01-17T08:26:15Z</updated> <summary> 7?日の「次世代教員成ゅRѝ」のに伴い、開所式を挙行しました?  ...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 7?日の「次世代教員成ゅRѝ」のに伴い、開所式を挙行しました?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;"> 同セミ낿ヹ{、京都教育大学・大阪教育大学と連携して、ICTzȝを含む実践的教育力L力及び課題探求力の向上を図るとともに、学び続ける教員の質保証に関わる事業及び研究開発を行うことにより?1世紀C会を牽引するh材であるơ世代の教育を担う教員の成に寄与することを目的に設|されました?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;"> 開所式では、看ѝ除幕を行った後、セミ낿ー長を務める長友恒h学長が「京都教育大学・大阪教育大学にもzȝしていただき、三大学の連携や教員養成高度化に役立てばと思う」と挨拶、スライドを用いてセミ낿ヹ{概要を説明しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 当日は、位藤紀子京都教育大学镗長尾彰夫大阪教育大学镗出席し、同ゅRѝの発낒福しました?/span></p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25TECFG1.jpg" alt="看板を前に記忉|影を行う、左から長尾大阪教育大学镗長友奈良教育大学長、位藤京都教育大学長" width="366" height="244" />  </p> <p>看板を前に記忉|影を行う、左から長尾大教大学镗長友奈教大学長、位藤京教大学長</p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25TECFG2.jpg" alt="長友奈教大学镗よる概要説明の様? width="365" height="236" /> </p> <p>長友学長による概要説明の様子</p>]]> </content> </entry> <entry> <title>公開「畑で汗を流しませんか」を実施しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/07/post_73.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1656</id> <published>2013-07-17T10:35:11Z</published> <updated>2020-01-17T08:27:54Z</updated> <summary> 7?日に公開「畑で汗を流しませんか」を実施しました。これは、奈良教育大?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 7?日に公開「畑で汗を流しませんか」を実施しました。これは、奈良教育大?a href="/ECNE/">自然環境教育ゅRѝ</a>が、地域貢献活動の一環として<a href="/ECNE/jissyuen/">奈良実習?/a>Q奈良市白毫寺町Qの畑をzȝして昨年度から実施している講座で?月か?1月にかけて夏野菜などを育て収Iする畑作業の実c加え、毎?回、大学教員による植物の栽培等自然にちなんだ様々なテーマの義をオムニバスで受できるもの?br /> 当日は、参加者とその家族?0人が参加しました。まず、栽埏V門とする箕作和彦准教授による「植物への施肥と植物の増D」についての義を受、受生らは、熱心にメモをとったり、肥料の与え斏Vついて質問したりし、初夏の暑さに負けない熱のこもった講となりました。その後、野菜の収穫や除草作業などの畑作業を行い、気持ちの良い汗を流しました?br /> 同施aでは他にも、小学生の親子を対象とした、田植えからE刈り、餅つきを全て体験できる公開「米作り体験」も開設しており、また、幼E園児・学生を対象にじゃがいもやさつまいも掘りを体験できる{、nqに自然を体験できる貴重な場として近隣から親しまれています?/span></p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25hatake1.jpg" alt="大学教員による講? width="364" height="260" />  </p> <p>大学教員による講?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25hatake2.jpg" alt="畑作業で汗をす受講生ら" width="365" height="229" /> </p> <p>畑作業で汗をす受講生ら</p>]]> </content> </entry> <entry> <title>なっきょん食育塾生と留学生との食文化交流会を実施しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/07/25shokubunka_kouryu.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1655</id> <published>2013-07-17T10:07:07Z</published> <updated>2020-01-17T08:28:22Z</updated> <summary> 6?5日に、家庭科教育修の学生らで組Jされた「なっきょん食育塾」(qx25...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 6?5日に、家庭科教育修の学生らで組Jされた「なっきょん食育塾」(<a href="/campus_life/extracurricular/planning.html">qx25q度学生企画zd支援事業</a>Qがdする留学生との食文化交流会が開かれました。これは、日本食の作り方を学た끟いとの留学生の声と、日本食を留学生に伝え、食文化を通して交を推逌Ӂたいとの「なっきょん食育塾」の思いが一致し、今回初めて実施されたもの?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> エプロンѝ集まった留学生と塄は、自q介を行った後、それぞれ班に分かれて今回のメニュー「巻き寿司」と「すまし汁」を調理しました。調理にあたっては、塾生が師となり、適宜ポイントを説明しながら逌ӂられました。学生宿舎でも自炊をしている留学生も、塾生から説明されるJ細で奥の深い日本の調理Ҏに感心していました。塾生からも、留学生の母国における家庭料理や食文化について質問がされるなど、塾生、留学生ともに料理を通じて交することができました?/span></p> <p> <img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25shokubunka_kouryu1.jpg" alt="塄と一Rに巅R寿司を調理する留学生" width="355" height="251" /> </p> <p>塄と一Rに巅R寿司を調理する留学生</p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25shokubunka_kouryu2.jpg" alt="おいしそうな巅R寿司を手に満끗た様子の留学? width="358" height="259" /> </p> <p>おいしそうな巅R寿司を手に満끗た様子の留学?/p>]]> </content> </entry> <entry> <title>国際交流イベミ냈「奈良実園で田植え体験しよう!」を開催しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/06/post_72.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1626</id> <published>2013-06-27T02:58:41Z</published> <updated>2020-01-17T08:28:52Z</updated> <summary> 6?日(水曜日)、本学で学ぶ留学生と日本人学生が交流するきっかけにしてもらお...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 6?日(水曜日)、本学で学ぶ留学生と日本人学生が交流するきっかけにしてもらおうと、「奈良実園で田植え体験しよう!」とした国際交イベントを開催しました?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;"> 国際交流イベミ냈は毎月交の会を提供する目的で実施しており、田植え体験は昨qにEき2度目の開催となりました。開催場所は、本学自然環境教肌ӂミ낿ー奈良実園。青Iが広がる絶好の田植え日和となりました。留学生や日本h学生をあわせ?0名が参加し、同ゅRѝ镗鳥居春己教授や箕作和彦准教授から指導を受けながらc作りのW一歩である田植えを体験しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> ぅRんどの参加者が初めての田植え作業でしたが、暑い日差しが降り注いでいたこともあって、裸끧田んべ{つかった瞬間は気持ちいいとの声があがっていました。中腰での慣れない田植え作業でしたが、参加者はお互いに苗がまっすぐに植えられているかをしながら、約30分間の田植え作業に汗を流しました?/span></p> <p> <img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25kokusai_taue1.jpg" alt="開催場所の本学自然環境教肌ӂミ낿? width="357" height="229" /> </p> <p>開催場所の本学自然環境教肌ӂミ낿?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25kokusai_taue2.jpg" alt="c作りについて箕作准教授から義を受ける参加? width="358" height="232" /> </p> <p>c作りについて箕作准教授から義を受ける参加?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25kokusai_taue3.jpg" alt="田植え体験スѝ? width="357" height="224" /> </p> <p>田植え体験スѝ?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25kokusai_taue4.jpg" alt="時折まっすぐに植えられているかをする参加? width="356" height="221" /> </p> <p>時折まっすぐに植えられているかをする参加?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25kokusai_taue5.jpg" alt="田植えをiえ達成感に満たされた参加者た? width="355" height="216" /> </p> <p>田植えをiえ達成感に満たされた参加?/p> <p> </p>]]> </content> </entry> <entry> <title>公開「親子で探検、奈良の歴史ウォヹ{」を開催しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/06/post_71.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1608</id> <published>2013-06-13T00:48:07Z</published> <updated>2020-01-17T08:30:09Z</updated> <summary> 5?5日に「親子で探検、奈良の歴史ウォヹ{ Q古墟끧ゟ냼フンQ佐紀监ֈ古墳?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> </span><span style="font-size: medium;">5?5日に「親子で探検、奈良の歴史ウォヹ{ Q古墟끧ゟ냼フンQ佐紀监ֈ古墳-」とした公開講座を開催しました。奈良及せ_阪から小中学生とその保護?1名の参加があり、快晴のもと奈良市北部に広がる佐紀监ֈ古墳をめぐる歴双ӂォークを楽しѝした?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;"> ウワナベ古墳ヅRナベ古墳ȝ之媛命陵M紀瓢箪山古墟냻日葉酢媛命陵L務天皇陵M紀高塚古墳といった前方後円墟끫?00メートルを超す巨大古墟낂あり、当時の為政者の権力の大きさと土木技術の高さを感じることができます。特に佐紀瓢箪山古墟끯、墳丘に上ることができるめずらしい古墟끧、参加した子どもたちは自分の끧古墳のŞ状を体感し、墳頂からの景色を楽しみました?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;"> 龍王寺では、国宝に指定されている奈良時代の五重塔と、昨qオヹ{ミ끗た東京スカイツリヹ{構造上の共通点について、本学の谷口昭教授が解説し、参加者は時代を超えた「技術力」と奈良時代の先進性に驚いていました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> また、本公開の協力機関である歴史街道推進協Cから、参加した子どもたちに朱印xがプレゼミ냈されました。これを会に親子で奈良の社寺をめぐり、地域の力を発見してもらいたいものです?</span></p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25history_walk1.jpg" alt="奈良の歴双ӂォーク1" width="269" height="179" />   <img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25history_walk3.jpg" alt="奈良の歴双ӂォー?" width="274" height="178" /></p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25history_walk4.jpg" alt="奈良の歴双ӂォー?" width="267" height="190" />  <img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25history_walk2.jpg" alt="奈良の歴双ӂォー?" width="274" height="190" /></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>自転車マナーアップキャンペーミ낒警察|Ӂ協同して実施しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/06/zitensha.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1607</id> <published>2013-06-11T09:27:16Z</published> <updated>2020-01-17T08:30:37Z</updated> <summary> 5?4日に、奈良警察vと協同して自転車マナヹ{ップキャミ냚ヹ{を実施しまし?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 5</span><span style="font-size: medium;">?4日に、奈良警察vと協同して自転車マナヹ{ップキャミ냚ヹ{を実施しました。これは?月が自転車マナーアップD化月間であることから、学内で自転車のマナヹ{ップに取り組む学生自治会と奈良警察|Ӂ、学生の自転車マナーの意識向上を目的に実施したもの?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;"> 会場では、啓発グッズの配布や自転車に関する交通安全クイズなどが行われ、その場で学生自Mの学生が採点し、間違った箇所について説明、時折警察官が補끗ました。普D自転車に乗るhでも勘違いしているような問題もあり、満炏V取ることができた学生はわずかで、自転車に乗るときのルールについて改めてできる良い機会となりました。このキャンペーミ끯、授業のi了時間にあわせて夕斏V実施されたこともあり、自転車で通学する学生?8名が参加、短時間ではありましたが、多くの学生に対してマナヹ{ップを促すことができました?/span></p> <p> </p> <p> <img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25bicycle_manners1.jpg" alt="警察官から説明を受ける参加学? width="398" height="266" /> 警察官から説明を受ける参加学?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25bicycle_manners2.jpg" alt="会場の様? width="402" height="273" /> 会場の様?/p> <p> </p>]]> </content> </entry> <entry> <title>留学生が{志島で島の風習や自然を学習しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/05/post_70.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1582</id> <published>2013-05-21T05:58:32Z</published> <updated>2020-01-17T08:31:30Z</updated> <summary> 5?0日~11日の1?日で、三重県鳥羽市答志町への留学生学旅行を実施しま...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 5?0日~11日の1?日で、三重県鳥羽市答志町への留学生学旅行を実施しました。参加者は、奈良教育大学で学ぶ交換留学生、日本語L本文化研修留学生及び教員研修留学生でR数27名となりました?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;"> 日本で約半年間、日本語や日本文化を学んだ留学生は、奈良や大阪、京都などの覛_地には行ったことがあっても、離島で日本文化を学んだi験はなく、今回、答志島で体験型学習を行いました?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;"> 今回の学旅行では、入り組んだ路地が多い答志地区で、9名程度の班に分かれて指定された場所を、付qにいる島民に尋ねて探し出し、クイズに答えるクイズラリーを実施しました。この体験で参加者は、これまでに学んだ日本語をい、出会った島民に行き斏V方言を尋ねていました?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;"> その他、現彏V女から仕事や道兗ついて話を聞いたり、また、夜間に港にかくVれた{で、夜光虫やvホタル、タゟ낄伊勢などの生き物を見学したりし、日本の離島での生活様式を学た끾した?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 今回の学旅行で、参加した留学生は、自分自wの日本語能力を再確認し、また知らなかった日本の文化や風を学んだことで、今後の学習のモチベヹ{ョンにもなった様子でした?/span></p> <p> </p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25foreignstudent_trip.jpg" alt="島民に尋ねる留学? width="362" height="228" /> 島民に尋ねる留学?/p>]]> </content> </entry> <entry> <title>qx24q度学生企画zd支援事業報告会を開催しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/05/24kikaku_report.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1572</id> <published>2013-05-09T05:02:47Z</published> <updated>2020-01-17T08:33:32Z</updated> <summary> 4?7日に、^?4q度学生企画zd支援事業報告会を開催しました。同事業は?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 4?7日に、^?4q度学生企画zd支援事業報告会を開催しました。同事業は、学生が自ら事業を企甅R、そのうち優れたものに対して大学が経済的支援を行い、学生自wに実体験させることにより企dd践力ȝ会性をwにつけさせ、優れた教員{の成に資することを目的として、^?6q度から実施されています。^?4q度は、プレゼミ냆ヹ{ョン{の審査により選ばれ?つの団体が支援を受け、環境保全や地域連携、芸術・文化zdなどq広い分野で実施されました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 報告会では、根田克彦学生委員会委員镗挨拶に引き続き、各団体が収支状況や反省炏V今後の課題などを報告、学生委員会委員らからそれに対する質問やアドバイわVあり、学生らは今後のzdに生かそうと熱心にメモを取っていました。また、「教員を目指す学生にとって、非常に役立つ有意義な活動をすることができた」との感惟끌qべられるなど、同事業が学生の成長に貢献していることがされました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 今回の報告会は、京阪奈三教育大学連携事業の一環として、大阪教育大学と京都教育大学にも同時中継され、中E先の大学からも質問が飛せ_すなど、より充実したものとなりました?/span></p> <p> </p> <p><span style="font-size: medium;">【学生企L動支援事業】 </span><a href="/campus_life/extracurricular/planning.html">http://www.leblogdelasemio.com/campus_life/extracurricular/planning.html</a> </p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24kikaku_report.jpg" alt="報告会の様子" width="373" height="229" />  報告会の様子</p>]]> </content> </entry> <entry> <title>留学生懇談会を開催しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/04/post_68.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1571</id> <published>2013-04-22T04:45:05Z</published> <updated>2020-01-17T08:34:40Z</updated> <summary> 4?2日に、この春入学した留学生を歓迎すると同時に、在cする留学生と日本h?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 4?2日に、この春入学した留学生を歓迎すると同時に、在cする留学生と日本h学生、教職員との交流を深める良い会にしてもらおうと留学生懇談会を開催しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 夕刻からなっきょん食堂(学生食堂Qで行われた懇談会には、在cする留学生や日本h学生をはじめとする学内関係者約90名が参加しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 懇談会では、留学生や日本h学生が歌やダミ낹、少林寺xの演武を披露するなどして交流を深め、大いに盛り上がりました?/span></p> <p> </p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/25ryugakusei_kondankai.jpg" alt="参加者全員での記忉|? width="362" height="228" />  参加者全員での記忉|?/p>]]> </content> </entry> <entry> <title>留学生と友達になろうキャミ냚ヹ{を実施しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/04/post_69.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1577</id> <published>2013-04-22T04:27:44Z</published> <updated>2020-01-15T10:42:00Z</updated> <summary> 本学で学ぶ交換留学生や日本語L本文化研修留学生?6名が??1日?2?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 本学で学ぶ交換留学生や日本語L本文化研修留学生?6名が??1日?2日?8日?9日の4日間、日本h学生などに留学生を知ってもらって友達をつくろうとキャミ냑わVてキャンペーx動を展開しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 昼食時間帯に学生が多く集まる学生食堂前広場には、各国を紹介するパネルが展示され民族衣装をまとった留学生らが伝箔菓子を配るなどしてまわり、自国の紹介をしたり、記忉|影に応じたりし笑で交流しました。通りすがりの日本人学生らは、華やかな民族衣装姿の留学生を見つけると낒止め、説明に聞き入るなどして盛んに交が行われました?nbsp;</span></p> <p><img src="/nakki/blog/images/25foreignstudent_campaign.jpg" alt="民族衣装を着た留学生と記忉|影をする日本人学生ら" width="361" height="221" /> <br />民族衣装を着た留学生と記忉|影する日本h学生?/p>]]> </content> </entry> <entry> <title>警察|Ӂ協働して飲酒運転根絶イベミ냈を開催しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/04/250408traffic_event.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1539</id> <published>2013-04-15T09:14:14Z</published> <updated>2020-01-17T08:38:02Z</updated> <summary> 4?日に、学生自Mと奈良警察vが協働し、若い世代からの飲酒運転根絶気運の向...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 4?日に、学生自Mと奈良警察vが協働し、若い世代からの飲酒運転根絶気運の向上を目指して、学内で啓発イベミ냈を開催しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> これは、春の交通安全県民運動の実施に併せて、特に年度初めに伴い飲酒の機会が増える大学生や教職員を対象に、飲酒運転や飲酒トラブルに注意してもらおうと開催され、学生自Mの学生や奈良|員が啓発物品を配布し、注意を呹{かけました。また、飲酒した状態を再現できる飲酒ゴヹ{ルが用意され、点灯するボѝを押すという単な作業や歩行実験によって、飲酒状態では俊敏性やバラミ낹感覚が落ちることを体感することができるコヹ{ヹ{aけられました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> gѝ食堂前で行われたこともあって、多くの学生らが낒止め、啓発物品を受け取ったり、飲酒ゴヹ{ルによる飲酒状態の再現を体験したりしていました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> また会場には、奈良教育大学イメージキャラクタヹ{なっきょん」と奈良県警察マわVットキャラクѝ「ナポくん」が駆けつけ、啓発活動を後押ししました?/span></p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/250408traffic_event1.jpg" alt="啓発物品を配布する学生自Mの学? width="315" height="214" />  啓発物品を配布する学生自Mの学?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/250408traffic_event2.jpg" alt="飲酒ゴーグルを用して飲酒状態を体験する学生" width="315" height="202" />  飲酒ゴーグルを着用して飲酒状態を体験する学生</p> <p><a ><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/assets_c/2013/04/250408traffic_event3-thumb-1940x1584-2944.jpg" alt="奈良県警察マわVットキャラクѝ「ナポくん」(左)と奈良教育大学イメージキャラクタヹ{なっきょん? width="313" height="238" /></a>  奈良県警察「ナポくん」(左)と本学「なっきょん?/p>]]> </content> </entry> <entry> <title>キャップフェわVィバル~ワクチン2000人分達成イベミ냈~を開催しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/04/2000.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1537</id> <published>2013-04-15T08:44:48Z</published> <updated>2020-01-17T08:38:30Z</updated> <summary> 3?6日に、キャップフェスティバル~ワクチ?000人分達成イベミ냈を開催し...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 3?6日に、キャップフェスティバル~ワクチ?000人分達成イベミ냈を開催し、幼E園児や中学生、その保譯ら?00名が参加しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 本学ボラミ냆ィアヅRポート・オフィスでは、「あいふ?from 奈教」と?/span><span style="font-size: medium;">して、ペットボトルキャップを集めてポリオワクチンを購入し、発展途上国の子どもたちに送るzdに取り組んでおり、これまでに提供したワクチン?000人分に達したことを記cてイベントが企画されました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> イベミ냈では、キャップにgされているシヹ{を剥がす時間を競うゲヹ{や、キャップをzȝしたオセロゲヹ{の紹介、回収されたキャップがどのようにリサイクルされるのかを紹介した映像の上映などが行われ、参加者はれӃムや映像を通して楽しみながらキャップ回収時の注意事項やリサイクルの様子を学た끾した?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 会場には、実際にリサイクルを担当するリサイクル業者の担当者も駆けつけ、キャップ回収、リcクルに関わる者が交流する良い会となりました?/span></p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/250326cap_festival1.jpg" alt="゗ル剥がしれӃムに取りiむ参加? width="300" height="213" />  ゗ル剥がしれӃムに取りiむ参加?/p> <p><a ><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/assets_c/2013/04/250326cap_festival2-thumb-1000x1582-2940.jpg" alt="学生が製作したキャップアヹ{" width="231" height="323" /></a>  学生が製作したキャップアヹ{Q「なっきょん」)</p>]]> </content> </entry> <entry> <title>qx25q度入学式を挙行しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/04/25.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1514</id> <published>2013-04-09T02:14:36Z</published> <updated>2020-01-17T08:42:18Z</updated> <summary> qx25q??日、奈良教育大学講堂において、^?5q度入学式を挙行しました...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> qx25q??日、奈良教育大学講堂において、^?5q度入学式を挙行しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 満開の桜の下?50名の新入生が、緊cた面持ちで奈良教育大学での新たな生活をスѝトさせました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 長友恒h学長からは、「大学生zRおいて『学た끮慣化』『協ѝ協同M間作り』『教、体験の重要性』の3炏V牏V重要です」「広い視野をもって、大きすぎるくらいの目標を掲げて、みなさんのモラトリアムを、社会hとなるための体験を広め、深い学た낒楽しむ期間としてください」とエールが送られました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 教職員一同、みなさんの本学での生活が充実したものになるよう、応援しております?/span><br /><br /><span style="font-size: medium;">【新入生?/span></p> <ul> <li><span style="font-size: medium;">教育学部 274名 Q学校教育教員養成課E?74名)</span></li> <li><span style="font-size: medium;">大学院教育学研究U 65名 Q修士課E?7名、専門職学位課E?8名)</span></li> <li><span style="font-size: medium;">特別支援教育特別攻U 11?</span></li> </ul> <p><span style="font-size: medium;"><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/250403entrance1.jpg" alt="満開の桜の下講堂へ" width="265" height="181" /></span> <span style="font-size: x-small;"> <img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/250403entrance3.jpg" alt="告辞を述くV長友学長" width="261" height="181" /></span><span style="font-size: x-small;"><br /><span style="font-size: small;">満開の桜の下講堂へ</span>                        <span style="font-size: small;">告辞を述くV長友学長</span><br /><br /></span></p> <div style="line-height: 1.4; margin-top: 20px; width: 600px; margin-left: 20px;"> <p><span style="font-size: medium;"><span style="color: #dc143c;">■ </span><strong>学長告辞</strong></span></p> <hr /> <p><span style="font-size: medium;">  </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 本年度は、教育学部2Q4名、大学院教育学研I科Q5名、特別支援教育特別専ȝQ1名、合a3Q0名の入学生をqえることができました。本学教職員を代表して、みなさんの入学を心から福し、歓qいたします?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> さて、みなさんが本日入学するまでに小学校M学校・高{学校で受けてきた学校教肌Ӂ、hがこれまでに築きあげ、体pdした学問の成果を、小M・高のそれぞれのD階に応じて理解し、吸収するものでありました。別の言い方をすれば、「既に答えのある問題の解」を理解し、自分の知識としてまとめあげるプロセわVありました。これからの大学での学びは、自らの関心に焦炏V当て、課をし、その課の解決に向けて自ら解答を模索する」という「研I」の要素を含ѝすから、これまでのように「答えのある問題の解」を理解するだけでは十分ではありません?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> ѝさんは、「中央教育審C」という関をご存じだと思います。中央教育審Cは、文部科学大臣の諮問に応じて「教肌Ӏ、「生涯学」、「スポーツ」等について、調柅R審議して文部U学大臣に意見をqべる機関です。中央教育審Cの答生끯、諮問に対する意見であり、教肌Ӂ反映されます?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 昨年の8月2Q日に中央教育審Cは、大学の教育およx員の資質能力向上に関して重要な答生낒いたしました?</span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 大学教育に関しては、「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向け?-- 生学びEけ、主体的に考える力を育成する大学へ --」という{申です。文部科学大臣の諮問から、4qをかけた審議のi果であります?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 教員の資質能力向上に関しては、「教LzR全体を通じた教員の資質能力の総合的な向上方{について」という{申がありました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> このQつの答生끯、諮問の背景である社会情勢についての珄認識が共通しています?大学教育に関する{申"では「予測困難なこれからの時代」という表現で、また?教員の資質能力向上に関する答?では「社会の急激な変化に伴って高度化・複雑化する諸課」という表現で、複雑に変化し、先行きが不透明な社会を認識しています?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 珄認識が共通していますから、答生끌Cした大学教肌Ӄ教師教育の方向性にも共通点が多くあります。例えば?大学教育に関する{申"がいう「持E的な学修経験」は?教員の資質能力向上に関する答?の「学び続ける教員」という表現に対応します。また?大学教育に関する{申"の「答えのない問題に解を見出していくための認知能力」と"教員の資質能力向上に関する答?の「思考力d断力・表珑֊{の育成」も同じ発想からの表現です。さらに、「他者に配慮しつつ主体的な思考を伴う協調性」と「多様な人間関係を結んでいく力の育成」も共通性があります?大学教育に関する{申"がいう「想定外の事態にあたって的確な判断の基盤となる教、知識、経験」は"教員の資質能力向上に関する答?の「基C的d本的な知識・技能の得」に支えられるものであります?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 先ほど申しましたように、きのうまでѝさんが経験した教肌Ӂ、「hがこれまでに築きあげ、体pdした学問の成果を理解し、吸収するもの」でありました。また、「答えのある問題の解を理解し、自分の知識としてまとめるもの」でありました。それは「基C的d本的な知識・技能の得」として非常に重要なことであります。これは大学でも引きEき必要な「学た뀍の形ではありますが、大学での学た끯、先ぅR生끗ましたように「研I」の要素が加わります。中央教育審Cの答生끮a葉を借りれば、「大学での学た뀍は、習得した「基C的d本的な知識・技能」を基礎として、「答えのない問題に解を見出していくこと」であり、そのためには、思考力d断力・表珑֊を高めていくことが求められます。さらに、想定外の事態にあたって的確な判断をするために、基盤となる教養、知識、経験が必要であります?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> ここで、中央教育審Cの答生낒tまえつつ、みなさんがこれから過ごす大学生zRおいて重要なことを3点Dѝておきたいと思います?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;">○まず、「学た끮慣化」です?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 自ら学びEけるために、まず、基C基本の知識や技能がwについているかどうかを自問してください。そのうえで、学ぶ目的が明確であることが必要です。それに加えて、学た끌楽しいということを見つけてください。義務的な「勉弗なければいけない」では学た낒E続できないし、発展的な考えはQかびません。「学た뀍を楽しむために、大学の外にも学た끮場を見つけて下さい。興呟냻関心に従って教室から飛び出して下さい。v外に学びの場を求めることもお薦めします。大学は「学xを学ぶ場」であります。大学院と特別専ȝのみなさんは、学た끮目的はもとより明であり、既に研Iの手法をnにつけていると思います。さらにきをかけて、もう一Dc高みに上っていただきたいと思います?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;">○2つめにDѝたいことは、協ѝ協同M間作りです?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 学びには、一人でする学びとチヹ{で行う学た끌あります。どちらも必要であり、どちらも有劏Vす。思烦が必要なときはひとりで寝食を忘れることもあるかもしれません。グループで行う場合には、何よりもコミュニケヹ{ョンを密にして自分の役割を意識することがよりよいi果を生ѝす。コミュニケヹ{ョンで重要なことは、自己を正確に表現し、他者をありのままに理解することです。そこに、自己のdをもちつつ、他者の意見も尊重するというグロヹ{ル性もわれます。大学生zRなかにおいて、学や研究環境の中における友h関係だけでなく、課外活動の中でのh間関係もチームプレイのためのC会性をwにつけるいい機会です。課外活動や学校支援zdのなかで、hとh、hと組J、hと地域をJぐリーダヹ{ップを自分のものにください?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;">○3つめは、教、体験の重要性です?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 学びを深めるためには、「裾野」を広げることが必要です。「裾野」を広げるために、大学の授業の他に、課外活動に、フィールドワークに、ボランティアに取りiむことが有劏Vしょう。自分とは異なる視点からの考え斏Vヒントを得ることがあるかもしれません。留q覚悟で外に出たり、留学生と交することもҎ的かもしれません。いろいろな本をpしてください。学生時代の知的体験、実늚体験が多ければ多いほど、専門についての理解が深まります。このことが、「想定外の事態にあたった時の的確な判断の基盤」となるのです。「答えのない問題に出会ったときに、最善の解をく源泉」となるのです。大学生zRおける知的体験、実늚体験は、困難にぶち当たったときに解決のp口を切り開く潜在的な力になります。それは、また、h生を楽しく、豊かにします。学生時代にどれだけ広く、また深く、いろいろな世界を知り、体験したかということがѝさんのh生を豊かにします?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p class="a"><span style="font-size: medium;"> ここで、私の学生時代のi験をお話しします。3回生の最後の数ヶ月間、私は大学の授業にほとんど出席しませんでした。その理由を格好良くaえば、「h生に悩んだために」ということでありますが、単純に「授業にI極的について行くことができなくなったから」とaってもいいと思います。私にとっては、この経験が卒業後の人生の大きなpになりました。授業をƠ席した数ヶ月の間に、文学書、哲学書、歴史書を6Q冊ぅR読みました。この数ヶ月は、その後の研I生zR教育者としての生zRとってはよかった、と肯定的に思い出すi験であります。その後の私の大学教員としての生zRなかで、研Iと教育の幅を広げ、hとの交流に色を添えたという点で、自然科学系の専門書ではなく、様々な分野の本をؕ読したこの経験がzRされました。誤解しないでいただきたいのですが・ヅR「授業をƠ席した数ヶ月」がよかったのではなく、「文学書、哲学書、歴史書を読ѝ思烦にふけった数ヶ月」が、結果的にその後の生き方で、柔軟なフレキシブルな思考の一助になったということであります?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> ѝさんの青春のなかで、答えがかばない、解決のҎが見つからないことがしばしばあるかもしれませんが、焦る必要はありません。学生時代に体験した教養、幅広な学習が社会hになった後にも学た낒E続してプロフェッショナルな教員・職業hとして成镗Eけることができるかどうか、h生を豊かにするかどうか、のCになることをDѝておきたいと思います?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> Q0世紀の心理学者であるアメリカのエリクソンは、「hが成镗て、なおかつ社会的務が猶予される期間」をモラトリアムといいました。学生時代は、「社会hではない大hの時期」あるいは「社会hになるための準備期間」という意味でモラトリアムであります。広い視野をもって、大きすぎるくらいの目標を掲げて、みなさんのモラトリアムを、社会hとなるための体験を広め、深い学た낒楽しむ期間としてください?</span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> ѝさんの本学での生zR、豊かで、充実した未来にJがるものになることを希望して、告辞といたします?/span></p> <p> </p> <p style="text-align: right;"><span style="font-size: medium;">qx25q??日  奈良教育大学镗 長友 恒h</span></p> </div>]]> </content> </entry> <entry> <title>x教育 井一教授 カネボウ化品との共同研I成果をしました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/04/post_64.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1503</id> <published>2013-04-05T00:52:03Z</published> <updated>2020-01-17T08:44:21Z</updated> <summary> x教育 井一教授 ?株式会社カネボウ化?が共同研Iを行い、の香...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> x教育 <a href="/guide/list/musical/fukuih.html">井一教授</a> ?<a >株式会社カネボウ化?/a> が共同研Iを行い、の香り素材として知られる「龍涎香QりゅうぜんこうQ」に含まれる主要香気成分のひとつであるテトラノルラブダミ뀀オキcドについて、ストレわV軽減させるリラックスҎが期待できること、また、その香りをつけているh物の表情が他人から見?親しѝすい"印象と評価される傑֐があることをしました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 詳細は、株式会Cカネボウ化_品提供?a >プレわVリース記?/a>をご覧ください?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/fukui.jpg" alt="井一教授" width="207" height="213" /> <span style="font-size: medium;"><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/ryuzenkou.jpg" alt="龍涎? width="251" height="214" /></span></span><br /><span style="font-size: medium;">井 一 教授             龍涎香(提供Q国立科学博物館Q?/span></p> <p> </p> <p><span style="font-size: medium;"> R広報誌「ならやま?011q春受、福井教授の研究を紹介しています?/span><br /><span style="font-size: medium;">  <a href="/guide/bulletin/narayama/#move_660">http://www.leblogdelasemio.com/guide/bulletin/narayama/#move_660</a></span></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>qx24q度卒業M了式を挙行しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/04/24graduation.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1504</id> <published>2013-04-01T04:54:36Z</published> <updated>2020-01-17T08:44:49Z</updated> <summary> qx25q??5日、奈良教育大学講堂において、^?4q度卒業式及び修了式?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> qx25q??5日、奈良教育大学講堂において、^?4q度卒業式及び修了式を挙行しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 桜はわずかに和Ӂ始めた程度でしたが、スヹ{ѝあでやかな着物姿の卒業生たちの笑が、会場を彩っていました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 長友恒h学長からは、「『振り返り』により、『学た끨体験』は単なる経験の蓄積から体系化されたものになり、自らの向上につながる。楽しみながら学た낒E続してもらいたい」「自分とは異なる考えをもつ他者がいることを理解し、その他者と一Rに働くҎを知ることで協同が可能になり、コヹ{ィネヹ{ヹ{してのリヹ{ヹ{なることを可能とする。みなさんには、リヹ{ヹ{ップを発揮することを期待する」とエールが送られました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 卒業生、修了生の皆さん、おめでとうございます?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 本学で得られたものを生かしごz躍されることを、心よりお祈りいたします?/span></p> <p><br /><br /><span style="font-size: medium;">【卒業・修了生?/span></p> <ul> <li><span style="font-size: medium;">教育学部 256名 Q学校教育教員養成課E?80名、総合教育課E?6名)</span></li> <li><span style="font-size: medium;">大学院教育学研究U 74名 Q修士課E?7名、専門職学位課E?7名)</span></li> <li><span style="font-size: medium;">特別支援教育特別攻U 11?</span></li> </ul> <p> <span style="font-size: x-small;"><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24graduation1.jpg" alt="告辞を述くV長友学長" width="260" height="185" /> <img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24graduation2.jpg" alt="xU学生の生演奏での学歌斉? width="274" height="185" /></span><span style="font-size: x-small;"><br /> <span style="font-size: small;">告辞を述くV長友学長</span>                      <span style="font-size: small;">xU学生による生演奏での学歌斉?/span><br /><br /></span></p> <div style="line-height: 1.4; margin-top: 20px; width: 600px; margin-left: 20px;"> <p><span style="font-size: medium;"><span style="color: #dc143c;">■ </span><strong>学長告辞</strong></span></p> <hr /> <p><span style="font-size: medium;">  ただいま、教育学部2Q6名、大学院教育学研I科Q4名、特別支援教育特別専ȝQ1名、合a3Q1名に卒業a書、修了証書を授与いたしました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 卒業生、修了生のみなさん、おめでとうございます。大学教職員を代表して皆さんの卒業・修了を心から福いたします。また、ご列席の保譯の皆様におかれましても、ご子弟の晴れ姿に感慨もがӁしおのことと、心からお慶び申し上げます?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 学部を卒業するみなさんが入学したQ年前の2009q?qxQ1q?はどういう年であったでしょうか。4月5日、入学式の前日に北朝鮮がNミサイル開発とみられるテポドミ낒発射しました。そして、みなさんがQ回生になって、卒業論文の最i盤にかかった昨q_Q月には、初歩的な衛星ではありますが、h工衛星を軌道に乗せることに成功しました。もちろん、私は「卒業式」のはなむけのa葉として、ここで、「北朝鮮のロケット開発」のお話をしようというわけではありません。社会の中の一員としての自己を、歴双Ӂ中に|いて見つめていただきたい、というLであります?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> そういう炏Vら、みなさんが本学で過ごしたこの期間を振りqれば、経済的には沈滞の季であり、文化等の領域でも世の中に躍動感はありませんでした。また、2q前の東北地方太qx沖地震による東日本大震災と福島第一原子力発Lの事故は、防災への反省と寄だけではなく、私たちの生zd般の在り斏Vついても再考を促すものでありました。このように見ると、沈滞した、躍動感のない、表面的にはつまらない社会情勢の時代に貴重な青春時代を大学で過ごしたかのように見えます?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> しかし、いつの世も、沈滞しているときは「次の飛w」に向かって、底がzȝに動いている時でもあります。きょう卒業M了するみなさんは、意識するとしないに関わらず、高{教育機関、とりわけ教員養成に関わる高{教育行ѝ歴史の大きなうねりの中で、本学で学びの期間を過ごしました。さきほどは「社会の中の一員としての自己」と生끗ましたが、大学もまた、社会から独立しては存在できません。大学の外から、とりわけ経済界からの、大学をはじめとする高等教育関に対する批判や要求には厳しいものがあります。その背景には、経済の沈滞があります。景気がよかった時期には、「とにかく、大卒者を採用したい。現場で彏V立つ教育は企業がします。」という状況でしたが、企業内教育の余裕がなくなった現在は、「即戦力になるh材を求める。」という状況になっています。教育界でも、背景は異なりますが、「即戦力になるh材」が求められているという炏Vは同様です?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 大学は社会から独立した存在ではなく、国民の負託を受けて、存在しているのですから、経済界のみならず、社会の意見に耟낒傾けるのは当然のことですが、ここで、「不易と行」という村ְ芭蕉の言葉を惌vすることが重要でしょう。「不易と行」は艌Ӏな場面でわれる言葉でありますが、特に、今、教肌Ӂおいて変えてはならない「不易」は何か、変えるくV「流行」は何かを意識することが非常に重要であると考えます?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p align="left"><span style="font-size: medium;"> 「流行」の部分に相当する発aが多い中で、経済界からも識者のとして、グローバル人材に必要なものとして、「コミュニケヹ{ョン能力、ネゴシエー゗ヌ力や語学力」と並んで、教教肌Ӂ弯されていることに注目したいと思います。大学設|基準の大綱化により、科目区分規定としての一般教育科目・門教育U目の垣栏V取り払われ、削除されたのが1991qのことでありますから、それか?0qをiて、改めて教養教育の重要性が表立って議論されるようになりました。三村明夫中央教育審C会長は新日鐵住金株式会社の取R役相談彏Vもありますが、「v外で業務を遂行できるグロヹ{ルh材を肌Ӂるために教養教育の確立が課題である」とされました。また、別の経済hは「相手を理解し、相手の立場に立って考えるためには歴双ӂ哲学から学ぶ事が必要であり、その意呟끧「リベラルアヹ{」が重要である、という旨の発aをされています?/span></p> <p align="left"><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p align="left"><span style="font-size: medium;"> 教養教育は、大学をはじめとする高等教育で基本的に重視すくV「不易」のがӁつであります。学校の教員になるにしろ、公務員や企業で働くにしろ、「教」はC会で生きる人の基本としてnにつけるくVものであります。「nにつけるもの」というよりは、「nにつくもの」という斏V教養の性格を示すのに相応しいだろうと思います。大学の限られた授業時間で修得できなかった学た끯、社会hとなって働き、hと接する中でE続して深められますが、その継Eした学た낒実なものにするのが「教」であります?/span></p> <p align="left"><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 昨年8月に中央教育審議会か?つの重要な答生끌出されたことはご存じと思います。「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて」と「教LzR全体を通じた教員の資質能力の総合的な向上方{について」であります。2つの{申に共通していることは、「生涯を通じて学び続け、主体的に考え、資質能力の向上を図ること」であります。これを可能にするためには、ハウツヹ{のは何の彏Vも立ちません。教をベーわVした学びを継Eすることが必要です。この2つ、「教をwにつけること」と「学た낒E続すること」には共通点があります。どちらも、他者から押しつけられて勉Dするものではなく、自らの、主体的な行為として、無意識に学ぶ、という炏Vす。意識して「教」のために勉弗るのではなく、学た끨体験を継Eし、振り返ることによって、教は豊かになり、資質能力が向上することになります。大事な事は「振り返る」ことであります。「振り返り」によって、「学た끨体験」は単なる経験の蓄積から体系化されたものになり、自らがわVイラルに向上することに繋がります。学た낒E続するゟ냄は、学ぶことが楽しいということです。明日からの生活の中でも、楽しみながら学た낒E続していただきたいと思います?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> もうがӁつ、みなさんがこれからの社会生zR中で意識していただきたいことがあります?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 外国が日本の教育からくみ取るくVものとして、「教肌Ӂ国の来にとって重要であるという信念を(国民が)共有していること」、「素質よりも努力を重視する」、「教員による授業研究が専門的力量、質の高い授業を保証している」、特に「モラル教育」はC会生活の多くの場面、例えば、商業における倫理感や持続可能な環境のE持、にまで大きな媄ѝ与えていること、等が指摘されます。私たち日本人にとっては当たり前のことであって、言われてみればそうですね、ということかと思いますが、逆に、私たちに欠けていること、あるいは外国に見習うべきことを挙げるとすれば、そのひとつが「リヹ{ヹ{ップ」であります?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 今、学校でも、企業でも、地域社会でも必要とされるのはリヹ{ヹ{存在です。リヹ{ヹ{いうa葉は他者の牽引彏Vなり、指できる人という意味でわれることがありますが、学校やC会が必要としているリーダヹ{、そういう意呟끧のリヹ{ヹ{はありません。専門的な知識を持って、hとhQ学校でaえば、同僚である教師と教師、教師と保護者)を、hと組J(学校と教育委員会Qを、hと地域(学校と地域)を繋ぎ、コヹ{ィネヹ{する役割を果たす人、これが今必要とされているリヹ{ヹ{す?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 自分とは異なる考えをもつ他者がいることを理解し、その他者と一Rに働くҎを知ることが共に働くこと、協同することを可能にし、hとh、hと組JをJぐゟ냼ディネーѝとしてのリーダヹ{なることを可能にします?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> ѝさんには、明日からの教師として、あるいは社会hとしての生活の中で、リヹ{ヹ{ップを発揮することを期待します?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 学びは生涯を通じて継Eされるものです。みなさんが、明日からも、幅広く知識を吸収し、学た낒E続することによって、学た낒楽しѝ続けることによって、諸君の輝く未来が開かれることを信じて、告辞といたします?/span></p> <p> </p> <p style="text-align: right;"><span style="font-size: medium;">qx25q??5日  奈良教育大学镗 長友 恒h</span></p> </div>]]> </content> </entry> <entry> <title>京阪奈三教育大学連携推進事業によるSD研修会を実施しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/03/sd.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1469</id> <published>2013-03-18T05:10:59Z</published> <updated>2020-01-17T08:47:55Z</updated> <summary> 京阪奈三教育大学連携推進事業の一環としてQI研修会を実施しました。このSQ研?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> </span><span style="font-size: medium;">京阪奈三教育大学連携推進事業の一環としてQI研修会を実施しました。このSQ研修は、京阪奈三教育大学における連携協力を推逌Ӂ、教員養成機能の強化を図るために整備された双方向遠隔授業゗テムを利用して京都教育大学及せ_阪教育大学にも中E、三大学で役員や事務職員Q5名の参加を得ました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> まず、はじめに、慶應義塑֤学信ȃ町キャミ냑ス事務長Q元׃大学理事Q上杉道世氏から、「これからの大学i営と大学職員」として、「大学を取り巅R状況」、「大学経営のあり斏V、「大学職員に必要な力」などについて、慶應義塑֤学や׃大学における実践例をまじえての講演がありました?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;"> Eいて、尾熊京教大理事、若井大教大理事、宮㜑奈教大理事から、職能成镗取りiみとして、「今大学職員に求められるもの」についての話があり、その後、各大学の若手事務職員から、資質向上のための具体の取組についての報告がありました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> この研修を通じて、各大学の事務職員が大学を取り巻く状況を再認識し、共有することで、京阪奈三教育大学連携を推逌Ӂる上で有意義な機会となりました?/span><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><a ><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/assets_c/2013/03/24SD1-thumb-1000x750-2876.jpg" alt="" width="315" height="207" /></a> 中継大学に話しかける上杉道世?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24SD2.jpg" alt="資質向上の取iを報告する若手職員" width="315" height="203" /> 資質向上の取iみを報告する若手職?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24SD3.jpg" alt="奈良教育大学会場の様? width="315" height="190" /> 奈良教育大学会場の様?/p>]]> </content> </entry> <entry> <title>奈良県教育委員会との連携協力に関する協議会を開催しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/02/post_63.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1430</id> <published>2013-02-25T00:29:08Z</published> <updated>2020-01-17T09:52:16Z</updated> <summary> 厅R2?5日に、奈良教育大学と奈良県教育委員会との連携協力の円滑な実施を図?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 厅R2?5日に、奈良教育大学と奈良県教育委員会との連携協力の円滑な実施を図ることを目的に「連携協力に関する協議会」を開催しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> この協議会は、^?5q度以降、本学と奈良県教育委員会が毎q交互に担当して開催されているもので、今q度は本学が担当しました。本学からは長友恒h学長を始?1名、奈良県教育委員会からは冨岡h教育镗始め16名が出席しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 協議会では、長友学镗冨岡教育長の挨拶後、「国立大学法人を巡る状況」、「教員養成高度化能の方向性」、「教職大学院の現状」、「学部改iによる新しい教員養成シわVムならびに入学状況」、「卒業者のp状況」、「ディアヅRィーチャヹ{プログラム」、「教員研修」、「連絡部会{のa置」などについて協議し、約2時間にわたって活発な意見交換が行われました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> この協議会を通じて、これまで以上に両機関のニーズにI極的に寑ֿできるよう連絡部会{をa置することにより、さらなる連携を推逌Ӂていくこととしました。 </span></p> <p><a ><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/assets_c/2013/02/24pref_education_renkei1-thumb-1000x680-2804.jpg" alt="挨拶する長友学長" width="317" height="191" /></a> 挨拶する長友学長</p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24pref_education_renkei2.jpg" alt="協議会の様子" width="317" height="200" /> 協議会の様子</p>]]> </content> </entry> <entry> <title>「なっきょん食育塾」学生が手作りスイーツを配布 tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1413 2013-02-13T10:47:28Z 2020-01-17T09:54:59Z  学生企画zd支援事業の一つとしてzdする「なっきょん食育塾」の学生による手作り... 広報担当  学生企画zd支援事業の一つとしてzdする「なっきょん食育塾」の学生による手作りわVヹ{の配布が、学生食堂において行われました?/span>

 「なっきょん食育塾」は、自らが健康に関するzdを企甅R運営することで、全学的な食肌ӂ推進用と、家庭科教育修の学生でi織されたものです?/span>

 その中で、学生・教職員に、おc끮大切さやお米の良さを感じ、おc끫ついて知ってぅRいという目的で、「にんじん米_クッキヹ{(1?5日)と「米_スノーボール」(1?9日)を、学生食堂の利用者を対象に無料で配布しました?/span>

 当日は、配布を楽しѝしていた人や、思わぬプレゼミ냈に少し驚きながらも笑で受け取る学生や教職員の姿が見受けられました?/span>

 「なっきょん食育塾」では、ほかにも、自然環境教肌ӂミ낿ー奈良実園での野菜栽培、大学生協との連携、食育塾だよりの{様々な取組を行っており、今後も食育塾のzdを通して自らの考える力・行動力を高めるとともに、多くの人に食の大切さを感じてもらえるよう、幅広くzdを続けていきます?/span>

d生企L動支援事業 
 http://www.leblogdelasemio.com/campus_life/extracurricular/planning.html

「なっきょん食育塾」手作りわVヹ{配布 c粉わVヹ{ヹ{を配布する学?/p>]]> 「アウト キャミ냑?わVディ in 山添村」報告会を開催しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/02/post_61.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1412</id> <published>2013-02-13T09:53:28Z</published> <updated>2020-01-17T09:55:29Z</updated> <summary> 「アウト キャミ냑?わVディ in 山添村」報告会を奈良県山添村で開催しま?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> </span><span style="font-size: medium;">「アウト キャミ냑?わVディ in 山添村」報告会を奈良県山添村で開催しました。山Lは、一面に茶畑が広がり、羊と触れ合える牧場もあるh口5千h弱ののどかな山あいの過疎の村です?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 報告会は、技術教育専修と家庭U教育専修のQ回生1Q名が、授業の一環で山添村をaれ、その歴双ӂ文化、生zL式について学た뀁それぞれ木材加工と毛加工に分かれて実を行った成果を報告する場としてa定されたものです?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 報告会のW1部では、実で製作した作品を披霌Ӂながら、耕作放棄された茶の木の活用提案やフェルトi|の教育教材への活用提案が行われました。また、羊毛製物のニヹ{調査報告や羊毛製品のゟ냼ディネート提案なども行われました?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;"> W2部では、「地域力と大学力の協同による学生教育と地域活性の可能性」をテーマにパネルディスカッ゗ミ끌行われ、窪田山L镗奥谷山Lづくり協C会長、長友学镗学生代表が意見交換しました。山Lと奈良教育大学がそれぞれに地域力と大学力を持って役割分担しながら連携すれば、キラッと輝く連携ができるのではないかということがされました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 奥田村長からは「若いhの感性で艌Ӏと提案していただいてありがたい。村の活性化に取り入れていきたい」と感想が述くVれました。また、長友学镗らは、「村の活性化と村でのi験を教肌Ӂ役立てるというウィンウィミ끮関係をこれからも作り、発展させていきたい」とpが述くVれました?/span></p> <p><a ><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/assets_c/2013/02/24out_campus_study1-thumb-600x437-2788.jpg" alt="アウトキャンパスわVディin山添村 ファッション゗? width="250" height="186" /></a> <br />ファッション゗ーŞ式で毛製品のコヹ{ィネヹ{提案をする学?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24out_campus_study2.jpg" alt="アウトキャンパスわVディin山添村 パネルディスカッ゗? width="251" height="178" /><br />パネルディスカッ゗ミ끮様子                       </p>]]> </content> </entry> <entry> <title>先端的な教職U目体系のモデル開発プロジェクト゗ポジウムを開催しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/01/24project_sympo.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1395</id> <published>2013-01-31T07:54:38Z</published> <updated>2020-01-17T09:57:11Z</updated> <summary> Q月Q3日に文部U学省特別経M業「先端的な教L目体pRモデル開発プロジェク...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> </span><span style="font-size: medium;">Q月Q3日に文部U学省特別経M業「先端的な教L目体pRモデル開発プロジェクト」(qxQ2~2Q年度)の締めくくりとして、大会議室においてシミ냝ジウムを開催、学内外から約4Q名の参加者が来場しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> ゗ポジウムは長友恒人学镗挨拶に始まり、来賓の鍋島豊文部科学省高等教育局大学振興課教員養成企d镗よる今後の教員養成の攚wについての講演が行われました。その後、プロジェクト担当教員によるこれまでの取り組ѝ成果に関する報告を受けて、プロジェクト評価委員からコメントが寄せられました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 後半ではプロジェクトの取り組ѝもとに3つのグルヹ{Q?1)「教師力」をwにつける?2)wにつけた「教師力」をする?3) 珑֠に出て役に立つ「教師力」とは?Qに分かれてディわVッションが行われ、4q間の教員養成課Eにおける「教師力」の育成についての活発な意見交換が行われました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 参加者からは、プロジェクトで取りiまれてきた教職ノートや学校珑֠におけるケーわVメソッド{について「大変参考になった」との意見が多く寄せられ、大変充実した雰囲気のうちに゗ポジウムを終了しました?/span><span style="font-size: medium;"> </span></p> <p><span style="font-size: medium;">?プロジェクトHP <a href="/TCP/">http://www.leblogdelasemio.com/TCP/</a></span></p> <p><a ><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/assets_c/2013/02/24project_sympo1-thumb-1000x750-2757.jpg" alt="開会挨拶を述くV長友学長" width="251" height="189" /></a>  <a ><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/assets_c/2013/02/24project_sympo2-thumb-1000x772-2758.jpg" alt="来賓文部U学省高{教育局大学振興課教員養成企d镗鍋島豊氏" width="251" height="190" /></a> <br />挨拶する長友学長                       来賓 文科省教員養成企d镗鍋島??/p> <p><a ><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/assets_c/2013/02/24project_sympo3-thumb-1000x750-2760.jpg" alt="報告の様? width="253" height="190" /></a>  <img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24project_sympo4.jpg" alt="グルヹ{ディわVッションの様? width="251" height="191" /><br />報告の様子                        グルヹ{ディわVッションの様?/p> <p> </p>]]> </content> </entry> <entry> <title>W?回大学懇談会を開催しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2013/01/6.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2013:/nakki/blog//24.1380</id> <published>2013-01-28T11:40:37Z</published> <updated>2020-01-17T09:57:40Z</updated> <summary> 1?日に学生食堂Q愛Uͼなっきょん食堂)において、大学懇談会を開催、長友学?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 1?日に学生食堂Q愛Uͼなっきょん食堂)において、大学懇談会を開催、長友学镗地域住民など?0名が参加しました?/span> </p> <p><span style="font-size: medium;"> これは、開かれた大学、地域に密着した大学を目指す一環として、日頃接炏Vない地域住民や後援会、同H会の会員らと、学生及x職員が自由に語り合うことで交を深め、大学のzL化につなげることを目的に、学生がMとなって企画、実施しており、今回でQ回目をqえました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 冒頭、長友学镗「様々な立場のhが話し合うことができる機会はなかなかないので、活発な意見交換がなされればうれしい。大学への期待や要望も聞かせてもらいたい」と挨拶。その後「地域との交活動」「いじめの問」「奈良のオスわV」など7つのテーマに分かれてa論が行われました。ケヹ{などを食くVがらのリラックスした雰囲気の中で意見交換が行われ、最後はテーマ毎に討論の内容を発表、盛会のうちに終了しました?</span></p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24daigakukon1.jpg" alt="挨拶する長友学長" width="334" height="241" /><br />挨拶する長友学長</p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24daigakukon2.jpg" alt="様々なテーマで意見交換する参加? width="334" height="240" /> <br />様々なテーマで意見交換する参加者ら</p> <p> </p>]]> </content> </entry> <entry> <title>W?回百済文化国際シミ냝ジウムを開催しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/12/5th_paekche_sympo.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.1341</id> <published>2012-12-27T00:55:26Z</published> <updated>2020-01-17T09:58:55Z</updated> <summary> 奈良教育大学と公州大学校Q韓国)では、1Q月Q5日に奈良教育大学を会場として?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 奈良教育大学と公州大学校Q韓国)では、1Q月Q5日に奈良教育大学を会場として、東京学芸大学との共催で「第Q回百済文化国際゗ポジウム」を開催、一般の斏V学生ら約Q0人が参加しました</span><br /><br /><span style="font-size: medium;"> これは、百済と日本の文化に関する研I交を通じて、日韓関係の歴史的理解を深め、より確かな国際交流の絆を築いていくことを目的にQ0Q8qから毎q開催されており、今回でQ回目をqえました?/span><br /><br /><span style="font-size: medium;"> 開会に先立ち、長友恒人奈良教育大学長が「今回の゗ポジウムが、百済と日本の文化交、古代日韓の歴史理解を基Cに、広くアジアをも視野に入れた歴史理解を更に逌ӂて、新たな国際交流へと発展することを祈cる」と挨拶、その後日韓の教員や大学院生らがそれぞれの歴双ӂ文化などについて、最新の研究成果などを交えながら、講演及び研I発表を行いました。会場から講演やに対してI極的に質問が出され、お互いの文化への理解を深めることができた有意義なシミ냝ジウムとなりました?/span><br /><br /><span style="font-size: medium;"> 最後に、徐萬哲公州大学校総镗り「回を重ねるにつれて、より内宏V充実し、親密になっていることを実感している。歴双ӂ文化財補修、地域産業、市民交など対象をを広げることで、より豊かな内容で発展していくのではないかとZしている」と挨拶があり、今後の発展が期待されます?/span></p> <p><a href="/ADMIN/SOUMU/5thpaekche.pdf"><span style="font-size: medium;">Q>゗ポジウム実施要項はこちらをご覧ください?/span></a></p> <p> </p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/5th_paekche_sympo1.jpg" alt="W?回百済文化国際シミ냝ジウ? width="334" height="214" /><br />゗ポジウムに先立ちa念品を交換する徐萬哲公州大学校R長と長友奈教大学長Q右Q?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/5th_paekche_sympo2.jpg" alt="W?回百済文化国際シミ냝ジウ? width="333" height="228" /> <br />挨拶する徐萬哲公州大学校R長</p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/5th_paekche_sympo3.jpg" alt="W?回百済文化国際シミ냝ジウ? width="343" height="191" /><br />゗ポジウムi了後、両大学镗者でa念撮媄</p> <p> </p>]]> </content> </entry> <entry> <title>大学教育攚w地域フォヹ{ム2Q1Q?in 奈良 を開催しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/12/24daigakukaikaku_forum.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.1320</id> <published>2012-12-05T01:51:19Z</published> <updated>2020-01-17T10:01:16Z</updated> <summary> 奈良県大学連合では、1Q月Q5日に奈良教育大学を会場として、文部科学省との共催...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 奈良県大学連合では、1Q月Q5日に奈良教育大学を会場として、文部科学省との共催で「大学教育改革地域フォーラムQ0Q2 in 奈良」を開催、学生や教育関係者ら約1Q0人が参加しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> これは、文部科学省が、大学教肌Ӂ質的転換を促すために必要な課や具体的な取組{に寑ֿするため、大学、教員、学生等の立場から幅広く議論するくV開催している地域フォヹ{ムの一環で、中央教育審C{申「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて」が国公U立大学共通の重要な課であることに鑑ѝ大学での学た끫問われている諸問を明らかにし、県内の高等教育全体に寄与することを目的に開催されたもの?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 冒頭、奈良県大学連合代表として長友恒人奈良教育大学長が挨拶、その後文部U学省制作の問題提v映像「いま、問われる『大学での学た뀏」上映の後、コヹ{ィネヹ{ヹ{ある岩井z帝塚山大学镗進行により、「『大学での学た낒深め楽しむために、今必要なこと』~C会が求める大学での学び~」をテーマにパネルディスカッ゗ミ끌行われました。まず各パネリストから発表があり、小松親ơ郎文部U学省私学部镗らは、中教審{申に基づき、大学教肌Ӂ珄と課について、松p樹奈良教育大学教授からは、同大理数教肌Ӄログラムの取iについて、栗山道奈良県Z委員会委員長・(株)三井住友銀行元副頭取からは、産業界が大学・大学生に求めていることについて、吉田育弘奈良県教育委員会教育次镗らは、県内の初等M{教肌Ӂ珄と取iについて報告、提aがありました。さらに、奈良女子大学、畿央大学、帝塚山大学の学生から、大学での取iや大学生の学びの現状、大学への要望などがされました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> その後、フロアからの質問を交えて議論が逌ӂられ、「何かを学びたいという意ƌӁ学びの場には必要」「大学がそれぞれの特艌ӂ出して目標を立て、腕に覚えのある学生を社会に送り出すことができるようにする必要がある」など様々な意見が出されました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 文部U学省、大学、産業界、教育界それぞれの立場での異なる見方や、学生の生の声を共有することができ、非常に有意なフォヹ{ムとなりました?</span></p> <p><a href="/event/docs/24chiikiforum.pdf"><span style="font-size: medium;">Q>フォヹ{ム実施要項はこちらをご覧ください?/span></a></p> <p><span style="font-size: medium;">関連記事:<a >理数教育研究ゅRѝHP</a></span></p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24daigakukaikaku_forum.jpg" alt="冒頭挨拶する長友学長Q奈良県大学連合代表Q? width="298" height="202" /> 冒頭で挨拶する長友学P奈良県大学連合代表Q?/p> <p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24daigakukaikaku_forum2.jpg" alt="パネルディスカッ゗ミ끮様子" width="378" height="227" /> パネルディスカッ゗ミ끮様子</p> <p> </p>]]> </content> </entry> <entry> <title>国際交流イベミ냈「奈良実園で留学生と稲刈り体験しよう!?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/10/post_52.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.1274</id> <published>2012-10-11T07:32:41Z</published> <updated>2020-01-17T10:04:09Z</updated> <summary>2012q?0?0日 水曜? 奈良教育大学に在学する留学生と日本h学生とが?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;">2012q?0?0日 水曜?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 奈良教育大学に在学する留学生と日本h学生とが交流をするきっかけにしてもらおうと毎月一度開催している国際交イベント?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 今回は、新たに10月に来日した交換留学生や日本語・日本文化研修留学生も参加して、春に田植えをした田んぼの稲刈りをしました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> E刈りを実施する前に、日本のE作について鳥居自然環境教育ゅRѝ镗作准教授による義を聞きました。米については参加者みんな始めて聞くことばかりで、中には「自分の国に戅Rた時にぜひ今日聞いたことを伝えたい」(南スヹ{ホ_生)と話すなど、関心が高い様子でした?/span></p> <p><span style="font-size: medium;">E刈りは、鎌をって手作業で行いました。刈り取ったEӁ、コミ냐インをって、早速脱I作業行い、袋詰めされる行Eまでを体験しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;">日頃は、スヹ{ヹ{白米になったc끫馴染ѝありますが、稲から白米になるまでの行程を見て、実際に体験することで、毎日食くVお米の大切さや生産者の思いを感じ知ることができたと思います?/span></p> <p><a class="slvzr-first-child" href="/event/images/IMG_2497-s.jpg"><img class=" slvzr-first-child" src="/event/assets_c/2012/10/IMG_2497-s-thumb-300x200-2517.jpg" alt="" width="300" height="200" /></a> 作准教授から稲作の過程を教わりました?/p> <p><a class="slvzr-first-child" href="/event/images/IMG_2520-s.jpg"><img class=" slvzr-first-child" src="/event/assets_c/2012/10/IMG_2520-s-thumb-300x200-2519.jpg" alt="" width="300" height="200" /></a> 鎌をつかっての作業。ケガをしないようにѝ斏V学びます?/p> <p><a class="slvzr-first-child" href="/event/images/IMG_2576-s.jpg"><img class=" slvzr-first-child" src="/event/assets_c/2012/10/IMG_2576-s-thumb-300x200-2521.jpg" alt="" width="300" height="200" /></a> ѝなでやればとても楽しい作業です?/p> <p><a class="slvzr-first-child" href="/event/images/IMG_2592-s.jpg"><img class=" slvzr-first-child" src="/event/assets_c/2012/10/IMG_2592-s-thumb-300x200-2523.jpg" alt="" width="300" height="200" /></a> むぎわら帽子姿がよく似合います?/p> <p><a class="slvzr-first-child" href="/event/images/IMG_2612-s.jpg"><img class=" slvzr-first-child" src="/event/assets_c/2012/10/IMG_2612-s-thumb-300x450-2525.jpg" alt="" width="300" height="450" /></a> 最後にѝなでハイチーズ!</p> <p><span style="font-size: medium;">Q記事提供:学生支援Ԍ</span></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>W?0回近国体Q野球)で硬式野球部が優勝! tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.1196 2012-08-27T05:18:52Z 2020-01-17T10:05:12Z

 W5Q回q畿地区国立大学体育大会の野球大会が、橿原市の佐藤薬品スѝアムQ奈?.. 広報担当  W5Q回q畿地区国立大学体育大会の野球大会が、橿原市の佐藤薬品スѝアムQ奈良県立橿原公苑野球場Qを会場に?span style="background-color: #f5f5f5;">Q月Q0日(月)~2Q日Q木QのQ日間に亘って開催されました。今大会には、近畿地区の国立大学よりQ大学が参加、連日熱闘が繰り広げられました?/span>

 奈良教育大学式野球部はQ1日のW1試合からd?/span>今大会は奈良教育大学が実施当番校となっており、部員たちは大会運営に携わりながらの出場となりましたが?/span>大阪教育大学ȝ戸大学・滋賀大学とD豪相手に日頃の練の成果を発揮し、見事優勝することができました?/span>

 各試合の詳細な結果や式野球部の日頃の活動はこち?/a>Q学外ペヹ{へ移動しますQをご覧ください?/span>

W5Q回q国体野球優? width= 

表嘪式後集合写真に収まる式野球部のメンバー  

]]>
W1Q回全日本高校・大学生書道展で優Uな成^を収めました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/08/post_49.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.1198</id> <published>2012-08-21T06:20:49Z</published> <updated>2012-09-05T00:09:51Z</updated> <summary> 学生曔Rのグランプリを選ぶ「第Q7回全日本高校d学生曔R展(dQ公益社団法...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 学生曔Rのグランプリを選ぶ「第Q7回全日本高校d学生曔R展(dQ公益社団法?日本書芸院・読売新聞C 後援Q文部科学省Q」で、奈良教育大学生が優Uな成^を収めました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 今年度はQ1Q0Q6炏V応募があり、本学からは<strong>曔R展大賞2炏V書道展賞1Q点、優U賞2Q点</strong>が選出されました。また本学は、団体賞として大学の部第Q位に選出されました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 曔R展の概要など詳細?a >こち?/a>Q学外ペヹ{へ移動しますQをご覧ください?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 受賞者はơの皆さんです。(敬称略?0音順Q?/span></p> <table style="width: 648px;" border="1" cellspacing="0" cellpadding="0"> <tbody> <tr> <td valign="top" width="103"> <p><span style="font-size: small;">曔R展大?/span></p> </td> <td valign="top" width="545"> <p><span style="font-size: small;">x 希Qかな、院Q回生)、若?達哉Q字、3回生Q?/span></p> </td> </tr> <tr> <td valign="top" width="103"> <p><span style="font-size: small;">曔R展賞</span></p> </td> <td valign="top" width="545"> <p><span style="font-size: small;">荒井 nQ字、4回生Q、今?彩代Qかな、4回生Q、植?ZQかな、4回生Q?/span></p> <p><span style="font-size: small;">畝岡 志帆Qかな、2回生Q、河?由香Q篆刅R4回生Q、川?麗香Qかな、2回生Q?/span></p> <p><span style="font-size: small;">佐野 文音Qかな、2回生Q、杉?鳳祥Qかな、4回生Q、中山ひらかQかな、4回生Q?/span></p> <p><span style="font-size: small;">野原 清香Q篆刅R2回生Q、増?早希子(かな、院Q回生)</span></p> <p><span style="font-size: small;">松本 泰奈Q字、4回生Q、宮?大輔Q篆刅R3回生Q、若?達哉Q調和、3回生Q?/span></p> </td> </tr> <tr> <td valign="top" width="103"> <p><span style="font-size: small;">優秀?/span></p> </td> <td valign="top" width="545"> <p><span style="font-size: small;">?奈生子(漢字、3回生Q、今?彩代Q字・刻、4回生Q?/span></p> <p><span style="font-size: small;">植山 ZQ字、4回生Q、畝?志帆Q字、2回生Q、扇?舞(かな、院Q回生)</span></p> <p><span style="font-size: small;">方 良美Q字、4回生Q、木?pQ字・かな、1回生Q?/span></p> <p><span style="font-size: small;">木村 佛_Q字・かな、1回生Q、栗?E乃Qかな、3回生Q?/span></p> <p><span style="font-size: small;">口 真季Q字・かな、院Q回生)、後?まいQかな、1回生Q?/span></p> <p><span style="font-size: small;">坂井 晴香Qかな・調和、2回生Q、佐?文音Q字、2回生Q?/span></p> <p><span style="font-size: small;">沼尾 希望Qかな、2回生Q、野?清香Qかな、2回生Q、福?良祐Q篆刅R3回生Q?/span></p> <p><span style="font-size: small;">藤井 佛_Q篆刅R2回生Q、増?悠航Qかな、2回生Q、松?里奈Q字、3回生Q?/span></p> <p><span style="font-size: small;">溝井 胡桃Qかな、3回生Q、柳?希Q篆刅R院Q回生)、山?詩織Q篆刅R?回生Q?/span></p> <p><span style="font-size: small;">吉田 沙矢Qかな?回生Q、若?達哉Q篆刅R?回生Q?/span></p> </td> </tr> </tbody> </table>]]> </content> </entry> <entry> <title>オープンキャミ냑?012を開催しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/08/2012.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.1171</id> <published>2012-08-10T05:25:38Z</published> <updated>2020-01-17T10:08:50Z</updated> <summary>   奈良教育大学では??日(日)にオヹ{ミ낭ャンパスを開催しました。当日は...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24OC1.jpg" alt="奈良教育大学オープンキャミ냑ス2Q1Q? width="605" height="227" /> </p> <p> <span style="font-size: medium;">奈良教育大学では??日(日)にオヹ{ミ낭ャンパスを開催しました。当日は、うだるような暑さの中?,300名をえる高校生や保譯らの参加があり、特に午前の部では、会場である大学堂は満席で、立ち見も出る盛況ぶりでした?/span></p> <p> </p> <p><span style="font-size: medium;"> 概要説明の冒頭に、長友学镗ら歓qの挨拶があり、教員という仕事の魅力やボラミ냆ィアなどでの本学生のがんばり、本学の特徴などが紹介されました。また、本学が位置する高畑町は世界遺産に隣接する立地環境にあり、恵まれた環境の中でのびのびと学し、豊かな人間性を肌ӂのにうってつけの教育環境である点も紹介されました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> Eいて、生田副学長Q教育担当)から、スライドをѝて、少人数教育や特別プログラムなど優れた教員を成するための特艌Ӂる取り組み等の紹介、入試課镗ら、^?5q度入学試験の詳細について説明が行われました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 途中、本学イメージキャラクタヹ{なっきょん」がd。クイズやじゃんけんなどで会場を盛り上げ、参加者のR張を和らげました?/span></p> <p> </p> <p><span style="font-size: medium;"> 希望の専修に分かれての体験授業やクラブ活動見学、大学内を学生が案内するキャミ냑わVアーにも多くの方が参加しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> また、カリキュラムや教員免許、学生生zȝについて、教職員や在学生から直接話を聞くことができる会として学生会にa置された個別相談ゟ냼ナーでは、参加者からの質問に担当者が一つひとつ丁寧に答えました?/span></p> <p> </p> <p><span style="font-size: medium;"> 揃いのT゗ツを着た学生スѝフが、受付や案内に活wし、司会進行彏V務めたほか、ギѝマンドリミ낯ラブによる演奏もあり、学生と教職員が一体となった活気あるオヹ{ミ낭ャンパスとなりました?/span></p> <p> </p> <p><span style="font-size: medium;"><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24OC2.jpg" alt="奈良教育大学オープンキャミ냑ス2Q1Q? width="280" height="173" />  <img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24OC3.jpg" alt="奈良教育大学オープンキャミ냑ス2Q1Q? width="277" height="171" /> </span></p> <p><span style="font-size: medium;">挨拶する長友学長                質問に答えるなっきょ?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24OC4.jpg" alt="奈良教育大学オープンキャミ냑ス2Q1Q? width="279" height="176" />  <img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24OC5.jpg" alt="奈良教育大学オープンキャミ냑ス2Q1Q? width="278" height="173" /> </span></p> <p><span style="font-size: medium;">ギタヹ{ミ냉リンクラブの演奏          在学生や教職員による個別相談</span></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>曽爾村との連携協力に関する包括協定を締iしました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/07/post_46.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.1156</id> <published>2012-07-27T07:46:00Z</published> <updated>2020-01-17T10:09:56Z</updated> <summary> qxQ4q_月2Q日Q金Q、本学と奈良県宇陀郡曽爾村Q村镗岡田 泰昌Qは、?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> qxQ4q_月2Q日Q金Q、本学と奈良県宇陀郡曽爾村Q村镗岡田 泰昌Qは、「教員の資質の向上及x員養成の充実を図るとともに、教育上の諸課題{に適切に対応することにより、奈良教育大学及x爾村における教育ȝIの充実ȝ展に資すること」を目的とした連携協力に関する包括協定を締iしました。本学で行われた調印式には、大学から長友恒?学長、加藤久?副学P国際交流d域連携担当Q、高豪?学長補佐Q地域連携担当Q、松p?理数教育研究ゅRѝ镗、曽爾村から岡田泰昌 村長、今井啓?教育镗鈴木俊?曽爾中学校長が出席しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 本協定は、これまで奈良教育大学理数教育研Iセミ낿ヹ{中心となって実施してきた理数Uプロジェクトがqx23q度末でi了した事に伴い、^?4q度からの教育連携にかかる包括協定として新たにR結し直したものです?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> これまでにサマーわVヹ{、ウインѝわVヹ{、学力向上合宿支援等で主に理数教肌Ӄロジェクトの事業として積み上げてきた実Dをさらに発展させるとともに、今後は、理数系に限らず様々な分野の学生・院生を派遣するなど、全学の学生・院生の力量形成を高めるためのより広い交についても検討していく予定です。なお、現行の新理数プログラム曽爾cライトは、本包括協定の下、今まで通りに運営されて行きます?/span></p> <p><img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_20120724103916d04c16a9.jpg" alt="" width="251" height="188" />  <img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_20120724103931d9d04e07.jpg" alt="" width="251" height="188" /></p> <p><img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_2012072410400521d419a0.jpg" alt="" width="251" height="188" />  <img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_20120724103951c9d3684e.jpg" alt="" width="251" height="188" /></p> <p><span style="font-size: medium;">Q記事提供:理数教育研究ゅRѝQ?/span></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>「東日本大震災・子どもの学び支援ポーѝcト」を通じて支援の実現をした団体として感謝状が贈呈されました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/06/post_45.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.1153</id> <published>2012-06-20T06:44:01Z</published> <updated>2020-01-17T10:11:12Z</updated> <summary> 文部U学省が開設していた東日本大震災に伴う被災地のニヹ{と全国からの支援を結?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 文部U学省が開設していた東日本大震災に伴う被災地のニヹ{と全国からの支援を結た끤けるポーѝcト「東日本大震災・子どもの学び支援ポーѝcト」の運営が終了されるにあたり、同cトを通じて被災地の子どもの学た끮環境の確保に多大な貢献をしたとして、文部科学省生学習政策局镗り本学へ感謝状が贈呈されました?/span></p> <p> </p> <p><span style="font-size: medium;"><img src="http://202.236.176.185/nakki/blog/images/24kanshazyo.jpg" alt="感謝? width="386" height="240" /></span></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>大和郡山市との連携協力に関する包括協定を締iしました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/06/post_44.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.989</id> <published>2012-06-08T06:07:00Z</published> <updated>2020-01-17T10:12:27Z</updated> <summary> qx24q??日、大和郡山市と「教員の資質の向上及x員養成の充実を図ると?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> qx24q??日、大和郡山市と「教員の資質の向上及x員養成の充実を図るとともに、教育上の諸課題{に適切に対応することにより、大学及せ_における教育ȝIの充実ȝ展に資すること」を目的とした連携協力に関する包括協定を締iしました。大和郡山市で行われた調印式には、大学から長友学镗大和郡山市から上田市長{が出席しました?/span></p> <p><br /><span style="font-size: medium;"> 本協定は、これまで奈良教育大学理数教育研Iセミ낿ヹ{中心となって実施してきた理数Uプロジェクトがqx23q度末でi了した事に伴い、^?4q度から教育連携にかかる包括協定として新たにR結し直したものです?/span></p> <p><br /><span style="font-size: medium;"> これまで、奈良教育大学の理数pR学生を大和郡山市の小M学校に派遣し、授業や個別指導の補助を行うなどの事業を実施してきましたが、今後は、理数系に限らず様々な分野の学生をzNするなど、全学の学生の力量Ş成を高めるためのより広い交流についても検aしていく予定です。なお、現行の新理数プログラム郡山cライトは、本包括協定の下、今まで通りに運営されて行きます?/span></p> <p><br /><span style="font-size: medium;"> 調印式についてのa事が奈良新聞、読売新聞、毎日新?/span><span style="font-size: medium;">に掲載されました?/span></p> <p><img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_201206131401026e943555.jpg" alt="" width="251" height="188" /> <img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_20120613140115b3468405.jpg" alt="" width="251" height="188" /></p> <p><span style="font-size: medium;">Q記事提供:理数教育研究ゅRѝQ?/span></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>高エネルギー加速器研究構と連携協定調印式を実施しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/06/post_43.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.988</id> <published>2012-06-07T06:00:55Z</published> <updated>2020-01-17T10:12:50Z</updated> <summary> qx24q??日に本学と高エネルギー加速器研究構QKEKQとの連携協定の調...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> qx24q??日に本学と高エネルギー加速器研究構QKEKQとの連携協定の調印式が行われました。KEK側からは、遠路はるば?名の斏Vが来学されました。調印式では、冒頭に本学の長友学镗KEKの鈴木機構長からのご挨拶があり、引き続き連携協定書へのv名・調印を行いました。その後の記者会見では、本学理数教育研Iセミ낿ヹ{村ֱゅRѝ镗片岡専任講師、KEKの藤本広報室副室镗ら、本協定に基づく事業内容についての説明があり、参加されたa者の皆様と活発な質疑応答が交わされました?</span></p> <p><br /><span style="font-size: medium;"> 調印式終了後には、早速、本学理数教育研Iセミ낿ヹ{KEKの本事業担当者等による実務者協議が開催され、今後の事業の推逌Ӂ関わる重要事項について話し合われました。協議では、各個別事業の実施の具体的なD取りについてのE密な打ち合わせが行われました?</span></p> <p><br /><span style="font-size: medium;"> 本学とKEKは、最先端U学と理数教肌Ӂゟ냩ボレヹ{ョンという、今までになかった新しい連携のスѝトラインに立つことが出来ました。これも多くの関係者のご尽力のおかげです。今後の新しい可能性に夢が膨らむ大変有意な一日となりました?</span></p> <p><br /><span style="font-size: medium;"> 調印式についてのa事が、奈良新聞、日i新聞、朝日新聞に掲載されました?/span> <br /> 奈良新聞 <a target="_blank">http://www.nara-np.co.jp/20120607092423.html</a></p> <p><img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_201206111015214c95ec8b.jpg" alt="" width="251" height="188" /> <img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_20120611101510ecc4d725.jpg" alt="" width="251" height="188" /> </p> <p><img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_20120611105333a899f39e.jpg" alt="" width="251" height="188" /> <img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_20120611105345580b8e81.jpg" alt="" width="251" height="188" /></p> <p><span style="font-size: medium;">Q記事提供:理数教育研究ゅRѝQ?/span></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>国際交流イベミ냈「奈良実園で留学生と田植え体験しよう!」を実施しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/06/post_40.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.946</id> <published>2012-06-07T00:47:12Z</published> <updated>2020-01-17T10:13:18Z</updated> <summary>2012q??日 水曜? 奈良教育大学に在学する留学生と日本h学生とが交流?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;">2012q??日 水曜?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 奈良教育大学に在学する留学生と日本h学生とが交流をするきっかけにしてもらおうと、「奈良実園で留学生と田植え体験しよう!」として本学自然環境教肌ӂミ낿ー奈良実園を会場に田植え体験イベントを開催しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 青空が広がるi好の田植え日和となったこの日、国際交協定校からの交換留学生をはじめとした世?カ国10名の留学生と日本人学?名が参加し、郔居春己セミ낿ー長の指を受けながら日本の田植えを体験しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> ぅRんどの参加者が初めての田植え体験とあって、裸끧田んべ{つかった瞬間、慣れない感触に歓声Q悲_Qがあがり、中には_をとられて転倒しかける参加者もでるなど、o作業の楽しさと難しさをnをもって体験していました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 参加者の一人は、「いままで話したことのない留学生とo作業を通じて交できた。同時に農家の大変さも知ることができた。これからはご飯一_もDせない。」とイベミ냈を振りかえっていました?/span></p> <p><img class=" slvzr-first-child" src="/event/images/%E7%94%BB%E5%83%8F%20030.jpg" alt="" width="365" height="258" /> 泥の感触に歓声があがる?/p> <p><img class=" slvzr-first-child" src="/event/images/taue.jpg" alt="" width="365" height="232" /> 一本一本丁寧に田植えをしていく参加者たち?/p> <p><img class=" slvzr-first-child" src="/event/images/%E7%94%BB%E5%83%8F%20096.jpg" alt="" width="366" height="228" /> 泥の感触も慣れれば気持ちいい~!</p> <p><img class=" slvzr-first-child" src="/event/images/rice%20planting.jpg" alt="" width="365" height="247" /> 田植え終了!Q?/p> <p><span style="font-size: medium;">Q記事提供:学生支援Ԍ</span></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>附属q稚園で金環日食勉D会が行われましたQ?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/05/post_42.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.987</id> <published>2012-05-22T05:53:41Z</published> <updated>2020-01-17T10:15:39Z</updated> <summary> qx24q??1日(月)に、奈良市では282qぶりとなる金環日食が観察されま...</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<div class="itemBody"> <p><span style="font-size: medium;">qx24q??1日(月)に、奈良市では282qぶりとなる金環日食が観察されました。奈良教育大学付属幼E園と理数教育研Iセミ낿ヹ{、幼E園児を対象とした「科学の日」プロジェクトの準備を逌ӂていますが、その一環として、この2Q2qぶりの天体゗ヹ{会に「金環日食勉強会」をqx24q??8日(金)11Q?0?2Q?0に開催しました?</span></p> <p><br /><span style="font-size: medium;">丅Rq稚園児q長iを対象にして(他のiも希望者は参加OKQ、金環日食がどうして赗るのか、その仕iみについて本学の理数教肌Ӄロジェクト参加院生・学生及び有志が寸劇による解説を試ѝした。太陽さん、地球さん、お月さんが舞台を走り回り、天体のJり成す妙技に挑ѝした。さらに、保譯を対象として、本学地学教室の和田I隆教授による解説を行いました。そして?1日の金環日食本番に備えて、観察する際の注意事項、特に日食グラスの用方法を説明して安全な観察の備えをしました?</span><br /><span style="font-size: medium;">当日の様子の一部は、関ѝレビ、NHK奈良のニューわV放映されました?/span></p> <p><img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_2012060714555743f739be.jpg" alt="" width="251" height="188" /> <img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_20120607145609836d8599.jpg" alt="" width="251" height="188" /></p> <p><img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_20120607145627d7a0f8aa.jpg" alt="" width="251" height="188" /> <img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_2012060714570758434978.jpg" alt="" width="251" height="188" /></p> <p><span style="font-size: medium;">Q記事提供:理数教育研究ゅRѝQ?/span></p> </div>]]> </content> </entry> <entry> <title>附属q稚園で「デジタルむしずかん」の贈呈式が行われましたQ?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/05/post_41.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.950</id> <published>2012-05-17T01:09:54Z</published> <updated>2020-01-17T10:16:13Z</updated> <summary> 5?6日(_に本学幼E園において、新理数プログラム(QIQコヹ{Q修生?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<div class="itemBody"> <p><span style="font-size: medium;">5?6日(_に本学幼E園において、新理数プログラム(QIQコヹ{Q修生の西野愛子さんQ^?3q度卒業Qが作成した「奈良教育大学附属幼E園デジѝむしずかん」の贈呈式が行われました?図鑑の説明を行った後、子供たちからの質問に、本副セミ낿ー長の石田先生と前園镗前田先生が答えました?</span></p> <p><br /><span style="font-size: medium;">この「デジタルむしずかん」は、附属幼E園の園庭や子供の森で見つけた虫の図鑑です。園児達が園庭において、手にとって読む事ができるようにって作成したものです?</span></p> <p><br /><span style="font-size: medium;">「デジタルむしずかん」のホームペヹ{版は、下aにて閲覧する事ができます?</span><br /><span style="font-size: medium;"><a target="_blank">http://biol-zukan-3.nara-edu.ac.jp/homepageTOP.html</a></span></p> <p> </p> <p><img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_20120530135126d7d9e0af.jpg" alt="" width="251" height="188" /> <img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_20120530135148b6af52b2.jpg" alt="" width="251" height="188" /></p> <p><img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_20120530135229085f2c72.jpg" alt="" width="251" height="188" /> <img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_201205301352473f37670f.jpg" alt="" width="251" height="188" /></p> <p><img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_2012053013531159290ad5.jpg" alt="" width="188" height="265" /> <img src="http://nesm.nara-edu.ac.jp/uploads/fckeditor/uid000003_201205301353256ad2f622.jpg" alt="" width="188" height="266" /></p> <p><span style="font-size: medium;">Q記事提供:理数教育研究ゅRѝQ?/span></p> </div>]]> </content> </entry> <entry> <title>留学生学旅行天橋立 tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.939 2012-05-14T00:40:18Z 2020-01-17T10:16:36Z 2012q??1日(金曜日)??2日(土曜日)  奈良教育大学で学ぶ留学生... 広報担当 2012q??1日(金曜日)??2日(土曜日)

 奈良教育大学で学ぶ留学生に、日本の歴史と文化を体験学習してもらうことを目的に、日本三景の一つ天立への学習旅行を実施しました?/span>

 日本語・日本文化実地検証プログラムで学ぶ留学生や、協定校からの交換留学生をはじめとして、総勢30名の留学生が参加しました?/span>

 あいにくの小雨模様でしたが、事前に天橋立の歴史や地形の成り立ちを勉弗た参加者は、眼の前に広がるi景を興xく眺めていました?/span>

 また、天立以外にも、舟屋が並ぶ京都府伊根町を伊Ҏから見学したり、宮z市にある智源寺にて、񔼛と写経体験をしました?/span>

 参加者は、これら日本の自然や文化に触れることで、日本のやそれを維持する大切さを再していました?/span>

 今回は、古くから多くの歌hに親しまれている天橋立のa問ということで、参加者にも川柟낒詠んでもらいました?/span>

 これを機会に、これからも旅先などで川柟낒詠んで楽しんでくれることを願っています?/span>

丅R川柳作品

Lvの近く クラれӂ見つけて わVイル?/span>

・船の上 指食くVれた ウミネコ?/span>

ヅRたのぞき 天に架かる橋 楽しめる

d񔼛して 끌しびれる さすがだ?/span>

・雨の日の 天橋立 きれいだ?/span>

amanohashidate座禅

Q記事提供:学生支援Ԍ

]]>
国際交流企画「留学生と一Rに若草山から大学を見下ろそう!」を実施しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/04/post_35.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.881</id> <published>2012-04-27T01:11:46Z</published> <updated>2020-01-17T10:20:36Z</updated> <summary> 奈良教育大学で学ぶ世界各国からの留学生同士と日本人学生がもっと交の会をも?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;"> 奈良教育大学で学ぶ世界各国からの留学生同士と日本人学生がもっと交の会をもってもらおうと??5日に、大学近くにある若草山へのハイキミ낰を学生支援課が企甅R、心地よい春Iのした開催しました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> ハイキングには、留学生、日本h学生あわせて17名が参加し、山頂まで約1時間のハイキミ낰を楽しみました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 大学から若草山へ向かう道中は、春日大Cの中を通るルートとなっており、鹿が行き交う参道を参加者は楽しѝがら春の若草山へと向かいました?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"> 山頂からは大学をgに眺めることができ、山腏Vの休憩ではおやつを手にした参加者が子どもの頃に楽しんだ遊びを一Rにしてѝなど、笑で交流を深めました?/span></p> <p> <img class=" slvzr-first-child" src="/event/assets_c/2012/04/P1040662-thumb-300x225-1034.jpg" alt="" width="300" height="225" /> 出発前のラジオ体操で日本の文化を紹介</p> <p><img class=" slvzr-first-child" src="/event/assets_c/2012/04/%E7%94%BB%E5%83%8F%20010-thumb-300x450-1036.jpg" alt="" width="300" height="450" /> 大学からのルヹ{には春日大社?/p> <p><img class=" slvzr-first-child" src="/event/assets_c/2012/04/%E7%94%BB%E5%83%8F%20017-thumb-300x200-1038.jpg" alt="" width="300" height="200" /> いよいよ山道へ。春日山から若草山に行きました?/p> <p><img class=" slvzr-first-child" src="/event/assets_c/2012/04/%E7%94%BB%E5%83%8F%20035-thumb-300x200-1040.jpg" alt="" width="300" height="200" /> 山頂からの眺めは最高!</p> <p><img class=" slvzr-first-child" src="/event/assets_c/2012/04/wakakusa-thumb-300x224-1030.jpg" alt="" width="300" height="224" /> 若草山でジャミ냗</p> <p><img class=" slvzr-first-child" src="/event/assets_c/2012/04/wakakusayama-thumb-300x173-1032.jpg" alt="" width="300" height="173" /> ѝや中国の子どもたちの遊び「ヘビ遊た뀍をѝなで?/p> <p><span style="font-size: medium;">Q記事提供:学生支援Ԍ</span></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>qxQ3q度学生企画zd支援事業報告会を開催 tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.891 2012-04-23T04:05:38Z 2020-01-17T10:21:10Z  本学では、^成2Q年Q月Q8日に、^成2Q年度学生企L動支援事業報告会を開?.. 広報担当  本学では、^成2Q年Q月Q8日に、^成2Q年度学生企L動支援事業報告会を開催しました。同事業は、学生自ら事業を企画し、そのうち優れたものに対して大学が経済的支援を行い、学生自wに実体験させることにより企dd践力ȝ会性をwにつけさせ、優れた教員{の成に資することを目的として、^成1Q年度から実施されているもの。^成2Q年度は、プレゼミ냆ヹ{ョン{の審査により選ばれた5つの団体が支援を受けて活動し、環境保全や地域連携、芸術・文化zdなどq広い分野で実施されました?/span>

 報告会では、はじめに、笠ơ良爑֭生委員会委員镗り「学生のエネルギヹ{期待している部分は大きい。元気な学生にどんどん出て来てもらいたい」と挨拶があり、その後、団体毎に活動を通じて得たもの、反省点などが報告されました。学生委員会委員や学生からは、今後の課題となる点などの質問や意見が述くVれ、学生らは今後の参考にしようと熱心にメモを取っていました?/span>

挨拶するW次学生委員会委員長 成果を詳細に説明している様子

挨拶するW次学生委員会委員長              成果を詳細に説明している様子

]]>
春季留学生懇談会を開催しました! tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.876 2012-04-18T00:55:54Z 2020-01-17T10:22:53Z 4?3日(金曜日)に学生食堂(愛称Qなっきょん食堂Qにて?月に入学した留学?.. 広報担当 4?3日(金曜日)に学生食堂(愛称Qなっきょん食堂Qにて?月に入学した留学生の歓迎と学生、教職員間の交流を目的とした春季留学生懇談会を開催しました?/span>

当日は、留学生?0名をはじめ、日本h学生?0名、大学役員、教職員ら総?0名が出席しました?/span>

日本人学生も多く参加してくれて、学生間の国際交が深まり和やかな懇談会となりました?/span>

Q記事提供:学生支援Ԍ

2012APR13Q春季留学生懇談? width=

]]>
留学生防犯・防災ゅRナーを開催しました! tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.877 2012-04-18T00:49:49Z 2020-01-15T10:42:19Z 4?日(水曜日)、留学生を対象に防犯・防災セミナヹ{開催しました?防犯ゅR?.. 広報担当 4?日(水曜日)、留学生を対象に防犯・防災セミナヹ{開催しました?/span>

防犯ゅRナーでは、奈良県奈良警察|Ӂ警察官を師に招き、交通ルヹ{に関することや日常生zR事gM故に巅R边{れないための心構え、いざといった時の護w術について実演を交え講演いただきました。護w術では、合気道などさまざまな武道を取り入れた方法での離脱技などを学た뀁留学生は熱心にa練をしていました?/span>

地震を経験したことのない留学生も多く在籍していることから、地震や火災に備えるためのDVDなどを用いて、地震の際の行動についてし、留学生らは真剣なまなざしでメモをとっていました?/span>

Q記事提供:学生支援Ԍ

 

譯n術をa練する留学? width=

]]> 附属q稚園入園式でなっきょんがお見送りQ?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/2012/04/post_31.html" /> <id>tag:www.leblogdelasemio.com,2012:/nakki/blog//24.854</id> <published>2012-04-16T02:32:08Z</published> <updated>2020-01-17T10:23:17Z</updated> <summary>qxQ4q_月1Q日、満開の桜のもと附属q稚園で入園式が挙行されました?当日?..</summary> <author> <name>広報担当</name> </author> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.leblogdelasemio.com/nakki/blog/"> <![CDATA[<p><span style="font-size: medium;">qxQ4q_月1Q日、満開の桜のもと附属q稚園で入園式が挙行されました?/span><br /><br /><span style="font-size: medium;"> 当日はなっきょんが幼E園正門付近に登場、入園式を終えた新入園児達を見送りました。突然のなっきょんのdに、園児達は大喜び。保譯の斏V含めて写真撮影の行列ができました。特に附属幼E園の制服(わVックQを着たなっきょんの登場とあって、より親q感を持っていただけたでしょうかQ?/span><br /><br /><span style="font-size: medium;"> これからの新しい生活、なっきょんはいつでも皆さんを見守っていますQ?/span></p> <p><span style="font-size: medium;"><br /></span></p> <p><span style="font-size: medium;"><img src="/nakki/blog/images/24_youtien_entrance1.jpg" alt="q稚園の制服を着たなっきょん" width="143" height="200" /> <img src="/nakki/blog/images/24_youtien_entrance2.jpg" alt="園児達に囌Ӂれるなっきょ? width="304" height="200" /><br /></span></p>]]> </content> </entry> </feed> <a href="http://www.leblogdelasemio.com/">һƵ߹ۿ-һ˿ƵѸ</a> <script> (function(){ var bp = document.createElement('script'); var curProtocol = window.location.protocol.split(':')[0]; if (curProtocol === 'https') { bp.src = 'https://zz.bdstatic.com/linksubmit/push.js'; } else { bp.src = 'http://push.zhanzhang.baidu.com/push.js'; } var s = document.getElementsByTagName("script")[0]; s.parentNode.insertBefore(bp, s); })(); </script> </body>